プロファイルまたはプロファイル リソースが含まれている Freestyle ワークフローの数を確認するには、リスト表示からプロファイルを選択し、[ワークフローを表示] リンクを選択します。デバイス プロファイルやプロファイル リソースに対する変更は、その変更を使用するワークフローに反映されます。

注:

Workspace ONE UEM は、SaaS ユーザーのためのテクニカル プレビュー機能として、Freestyle Orchestrator ワークフローを提供しています。詳細については、Freestyle Orchestrator の概要を参照してください。

テクニカル プレビュー機能は完全にはテストされておらず、一部の機能が期待どおりに機能しない場合があります。ただし、これらのプレビューは Workspace ONE UEM の現在の機能を改善し、今後の機能強化を開発するのに役立ちます。このセクションの内容は、テクニカル プレビューに参加しているユーザーにのみ適用されます。テクニカル プレビュー機能に参加していて、アプリケーションまたは特定バージョンのアプリケーションをワークフローで使用する場合、次のプロパティを検討してください。

プロファイルの通知

[リソース] > [プロファイル & ベースライン] > [プロファイル]の順に進みます。Freestyle ワークフローで使用されているデバイス プロファイルを選択すると、次の通知が表示されます。

[ワークフローを表示] リンクを選択すると、[プロファイルのワークフロー] 画面に、選択したプロファイル(ワークフローの説明、割り当てられたグループ、ワークフローの作成日など)を採用しているすべての Freestyle ワークフローが表示されます。

処理中

スマート グループの割り当てに含まれているプロファイルは、Freestyle ワークフローで使用することもできます。スマート グループとワークフロー割り当ての両方に共通のデバイスでは、ワークフローが優先されます。

[割り当てタイプ] が「自動」に設定されている場合、優先度の高いワークフローが例外となり、この時点で Direct Assignment が優先されます。[リソース] > [プロファイル & ベースライン] > [プロファイル] > [追加] > [プロファイルを追加]の順に進み、プラットフォームを選択すると、[全般] ペイロード画面に [割り当てタイプ] オプションが表示されます。

プロファイルの変更

ワークフローで使用されているプロファイルに変更を加えると、その変更はワークフローに自動的に適用されます。

ワークフローで使用されているプロファイルを削除することはできません。最初にワークフローからプロファイルを削除する必要があります。これは、ワークフローを編集することで実行できます。詳細については、Freestyle Orchestrator ガイドを参照してください。

プロファイル リソース

デバイス プロファイルの変更がワークフローに与える影響と同様に、ワークフローで使用されている Windows プロファイル リソースに変更を加えた場合、その変更は同じ方法でワークフローに適用されます。

[リソースの編集] 画面の [割り当て] タブで、プロファイル リソースに含まれるワークフローの名前を特定できます。

プロファイル リソースの詳細については、プロファイル リソースを参照してください。