ワイヤレス ネットワークに接続する手段をデバイスに提供するための専用のリソースを追加することができます。これにより、Workspace ONE UEM powered by AirWatch で管理されている間はセキュアにデータを送受信できます。

概要については、「 リソース」を参照してください。

手順

  1. [デバイス] > [プロファイルとリソース] > [リソース] の順に進み、[リソースを追加] を選択してから [Wi-Fi] を選択し、次の設定を完了します。
    [設定] [説明]
    [リソースの詳細]
    [リソース名] Workspace ONE UEM Console で表示されるプロファイルの名前です。
    [説明] プロファイルの目的について簡単な説明を記入します。
    [接続情報]
    [サービスセット識別子 (SSID)] Wi-Fi ネットワークの名前に関連付けられた識別子を入力します
    [非公開のネットワーク] ネットワークがブロードキャストに公開されていない場合はこれを有効にします。
    [自動参加] デバイスをネットワークに自動参加させます。
    [暗号化]

    ドロップダウン メニューを使用して、Wi-Fi 接続を使用して転送するデータを暗号化するかどうかを指定します。

    このフィールドは、[セキュリティ タイプ] に基づいて表示されます。

    [「パスワード」]

    Eメール アカウントのパスワードを入力します。[文字を表示] チェック ボックスを選択すると、パスワードがそのまま表示されます。

  2. [次へ] をクリックして [プラットフォーム] の選択に進みます。次のサポートされているプラットフォームから、既定の設定または [高度な設定] を有効にするプラットフォームを選択します。
    • [Wi-Fi プロキシの高度な設定を構成する。]
      • 設定 説明
        [プロキシ タイプ] [なし][手動][自動] から選択します。
        [プロキシの URL] [プロキシ タイプ][自動] になっている場合にのみ指定できます。デバイスが接続に使用する Wi-Fi プロキシの URL を入力します。
        [PAC に到達不能なとき、直接接続を許可する] [プロキシ タイプ][自動] になっている場合にのみ指定できます。プロキシの自動構成ファイルにアクセスできない場合でもデバイスの接続を許可する場合は、このオプションを有効にします。
        [プロキシサーバ] [プロキシ タイプ][手動] になっている場合にのみ指定できます。デバイスの接続先となるプロキシ サーバの名前を入力します。
        [プロキシサーバポート] [プロキシ タイプ][手動] になっている場合にのみ指定できます。デバイスがプロキシ サーバに接続するときに使用する、プロキシ サーバのポート番号を入力します。
        [プロキシ ユーザー名] [プロキシ タイプ][手動] になっている場合にのみ指定できます。プロキシ サーバで認識されるユーザー名を入力します。
        [プロキシ パスワード] [プロキシ タイプ][手動] になっている場合にのみ指定できます。入力したユーザー名に対応するパスワードを入力します。
    • [Android の Wi-Fi の高度な設定を構成する。]
      • 設定 説明
        [Fusion]
        [Fusion 設定を含める] 有効にすると、Fusion 機能の主な設定が表示されます。
        [Fusion 802.11d を設定する]/[802.11d を有効にする] このオプションを有効にした場合、802.11d ワイヤレス規格を利用して、他の制御ドメイン内でデバイスを使用することができます。
        [国別コードを設定する]/[国コード] このオプションを有効にした場合、国別コードを設定し、802.11d 規格を利用してデバイスを使用することができます。
        [周波数帯を設定する] このオプションを有効にした場合、2.4 GHz および 5 GHz のチャンネル マスクを含む、周波数帯のすべての指定オプションが表示されます。
        [2.4 GHz に設定する]/[2.4 GHz を有効にする] 2.4 GHz の無線周波数帯を使用します。
        [2.4 GHz チャンネル マスク] 隣接チャンネルの干渉を低減するため、2.4 GHz の周波数帯の前後にチャンネルまたはスペクトル マスクを適用します。
        [5 GHz に設定する]/[5 GHz を有効にする] 5 GHz の無線周波数帯を使用します。
        [5 GHz チャンネル マスク] 隣接チャンネルの干渉を低減するため、5 GHz の周波数帯の前後にチャンネルまたはスペクトル マスクを適用します。
        [プロキシ]
        [手動プロキシを有効化] このオプションを有効にすると、プロキシ サーバの設定が表示されます。
        [プロキシサーバ] プロキシのドメイン名を入力します。
        [プロキシサーバポート] プロキシ サーバで使用されるポート番号を入力します。
        [除外リスト] プロキシ経由のルーティングを行わないホスト名を入力します。ドメインのワイルド カードとしてアスタリスクを使用できます。例: *.air-watch.com
  3. [次へ] をクリックして [割り当て] セクションに進みます。
  4. リソースをデバイスに割り当てるため、次のフィールド値を指定します。
    [設定] [説明]
    [割り当てタイプ]

    デバイスへのリソースの展開の方法を指定します。

    • [自動] – リソースは自動的にすべてのデバイスに展開されます。
    • [オプション] – リソースは、エンド ユーザーが任意でセルフサービス ポータル (SSP) からインストールするか、または管理者の判断で個々のデバイスに展開されます。
    [管理元] リソースへの管理アクセスをもつ組織グループです。
    [割り当てるグループ]

    デバイス リソースを追加したいグループを指定します。新しいスマート グループを、OS バージョン、デバイス モデル、所有形態タイプ、組織グループなどの仕様を指定して作成するオプションもあります。

    [除外] [はい] を選択すると、[除外するグループ] という新しいテキスト ボックスが表示され、このリソースの割り当てから除外したいグループを選択できます。
    [デバイス割り当てを表示する] [割り当てるグループ] テキスト ボックスで選択を行った後、このボタンを使用して、このリソースが割り当てられるすべてのデバイスの一覧を確認できます。この一覧には、スマート グループの割り当てと除外が反映されます。