Workspace ONE UEM powered by AirWatch の順守プロファイルについて理解するには、デバイス プロファイルと順守ポリシーについて詳しく理解している必要があります。デバイス プロファイルは、デバイス管理とセキュリティの基盤としての役割を果たします。一方、順守ポリシーは、社内コンテンツを保護するセキュリティ ゲートとしての役割を果たします。

デバイス プロファイルを使用すれば、幅広いデバイス設定を制御できます。デバイス設定の例としては、パスコードの複雑度、ジオフェンス、タイム スケジュール、デバイス ハードウェア機能、Wi-Fi、VPN、Eメール、証明書などが挙げられます。

順守エンジンは、ルールを監視し、アクションを実行し、エスカレーションを適用します (管理者が定義したものすべて)。一方、順守プロファイルは順守エンジンに対して、デバイス プロファイルに対してのみ使用可能なすべてのオプションと設定を提供しようとします。詳細は、順守ポリシー を参照してください。

たとえば、制限が厳しいがそれ以外は通常のデバイス プロファイルと同じである、特別なデバイス プロファイルを作成できます。順守ポリシーを定義する際、「アクション」 タブでこの特別なデバイス プロファイルを適用できます。ユーザーが自分のデバイスの順守状態を維持できない場合、この特別なデバイス プロファイルを使用して、より制限の厳しい順守プロファイルを適用することができます。

順守プロファイルを追加する

順守プロファイルを追加できます。このプロファイルは、順守ポリシーとデバイス プロファイルの優れた機能を組み合わせた複合型の順守ポリシーです。コンプライアンスの追加は、次の 2 つのプロセスで構成されます。1) デバイス プロファイルを作成する。2) 順守ポリシーに「アクション」として割り当てる。

順守プロファイルは、自動/オプション デバイス プロファイルと同様の手順で作成し保存します。

  1. [リソース] > [プロファイル & ベースライン] > [プロファイル]の順に進み、[追加][プロファイルを追加] の順に選択して、プラットフォームを選択します。
  2. 後で識別できるようにするため、順守プロファイルの [名前] を選択します。
  3. [全般] プロファイル タブの [割り当てタイプ] ドロップダウン メニューで 「順守」 を選択します。
  4. 「全般」 タブおよび 「ペイロード」 タブの残りのフィールド値を指定します。
  5. 指定が完了したら、[保存して公開] を選択します。
  6. コンプライアンス ポリシーでこのプロファイルを選択します。
  7. [デバイス] > [順守ポリシー] > [リスト表示] の順に進み、[追加] を選択し、プラットフォームを選択します。
  8. [ルール] を定義し、[次へ] を選択します。
  9. [アクション] タブで次のとおりに選択します。
    1. 1 番目のドロップダウン メニューで 「プロファイル」 を選択します。
    2. 2 番目のドロップダウン メニューで 「順守プロファイルをインストールする」 を選択します。
    3. 3 番目のドロップダウン メニューで、入力したデバイス プロファイル名を選択します。
  10. [次へ] を選択し、「割り当て」 タブおよび 「概要」 タブのフィールド値を指定します。
  11. [完了] または [完了してアクティブ化] を選択し、順守ポリシーを保存します。

デバイス プロファイルを作成する手順については、デバイス プロファイルを編集する を参照してください。

順守ポリシーを指定する具体的な手順は、「順守ポリシーを追加する」を参照してください。