企業にとってもユーザーにとっても、エンド ユーザーのプライバシー保護は重要な課題です。Workspace ONE UEM powered by AirWatch は、どのようなデータをユーザーに関して収集し、収集されたデータのどこまでを管理者が閲覧できるのかについて、細分化された制御機能を提供します。貴社のユーザーと貴社のビジネス ニーズの双方にとって最適なプライバシー設定を構成してください。

手順

  1. [デバイス] > [デバイス設定] > [デバイスとユーザー] > [全般] > [プライバシー] の順に進みます。
  2. [GPS][テレコム][アプリケーション][プロファイル][ネットワーク] データ収集に関して適切な設定を選択してください。
    このアイコンは、円形の外枠を含む完全に丸いグレーの円です。 [収集して表示] – ユーザー データが収集され、UEM コンソールに表示されます。
    このアイコンは、円形の外枠を含むグレーの半円です。 [収集するが表示しない] – ユーザー データはレポート用として収集されますが、UEM コンソールには表示されません。
    このアイコンは空白のグレーの外枠です。 [収集しない] – ユーザー データは収集されないので、AirWatch コンソールに表示されません。
  3. デバイスに実行可能な [コマンド] に対し、以下のオプションのいずれかを選択します。従業員所有のデバイスに関しては、すべてのリモートコマンド、特にフル ワイプ コマンドを無効にすることをお勧めします。これにより、エンド ユーザーの個人コンテンツを不注意で削除、またはワイプしてしまうといったケースを防止します。iOS 所有形態タイプの選択時にワイプ機能を無効にすると、ユーザーの加入時に「コンテンツと設定をすべて消去」権限が表示されません。
    このアイコンは、円形の外枠を含む完全に丸いグレーの円です。 [許可] – ユーザーの同意がない場合でもデバイス上でコマンドが実行されます。
    このアイコンは、円形の外枠を含むグレーの半円です。 [ユーザー同意で許可] – ユーザーが同意した場合に限り、デバイス上でコマンドが実行されます。
    このアイコンは空白のグレーの外枠です。 [許可しない] – デバイス上でコマンドは実行されません。
  4. Android/Windows 高耐久性デバイスで、リモート操作、ファイル マネージャあるいはレジストリ マネージャへのアクセスを許可する場合は、[ユーザー同意で許可] オプションを使用することをお勧めします。これにより、アクションが実行される前にプロンプト メッセージが表示され、エンド ユーザーによるデバイス上の管理者アクセスへの同意が必要になります。いずれかのコマンドの使用を許可するのであれば、その旨利用規約に明記しておくことをお勧めします。
  5. [ユーザー情報] に関しては、AirWatch Console 上に [名][姓][電話番号][Eメール アカウント][ユーザー名] の各データを [表示] するか [表示しない] かを選択します。
  6. [ユーザー名] 以外のオプションを [表示しない] に設定すると、UEM コンソールで表示される箇所はすべて 「プライベート」 と表示されます。[表示しない] に設定されたオプションはコンソールで検索できません。ユーザー名を [表示しない] に設定すると、ユーザー名は、デバイス リスト表示とデバイス詳細画面上でのみ 「プライベート」 と表示されます。それ以外の UEM コンソール画面では、加入ユーザーのユーザー名が表示されます。
  7. 必要に応じて、個人を特定できる情報 (氏名、Eメール アドレス、電話番号等) を暗号化することができます。暗号化したいグローバルまたはカスタマー レベルの組織グループから、[グループと設定] > [すべての設定] > [システム] > [セキュリティ] > [データ セキュリティ] の順に進みます。暗号化を有効にするには、暗号化したいユーザー データを選択し、[保存] をクリックします。この操作を行うことで、UEM コンソールの検索、並べ替え、フィルタ等いくつかの機能が制限されます。
  8. デバイスの [妨害しないモード][有効] にするか [無効] にするか選択します。この設定により、ユーザーは、指定された期間、MDM コマンドを無視することができます。「有効」 を選択した場合、[妨害しないモード] が有効である期間を分単位、時間単位、または日単位で指定できます。この期間を過ぎると無効になります。
  9. デバイスの [ユーザーフレンドリなプライバシー通知][有効] にするか [無効] にするか選択します。
  10. [有効] にすると、[従業員所有][企業 – 専用][企業 – 共有][不明] のそれぞれの所有形態タイプに応じて、[はい] を選択してプライバシー通知を表示するか、または [いいえ] を選択して表示しないかを選択することができます。
  11. [保存] をクリックします。プライバシー設定は制限された操作であるため、続行するには 4 桁のコンソール暗証番号を入力する必要があります。