プライバシー通知をカスタマイズし、貴社が加入デバイスからどのようなデータを収集するのかユーザーに通知します。貴社の法務部の協力を得て、データ収集に関してどのようなメッセージをエンド ユーザーに通知するのかを判断してください。

手順

  1. [グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [全般] > [メッセージ テンプレート] の順に進みます。
  2. [追加] をクリックして新しいテンプレートを作成します。すでに作成したプライバシー通知テンプレートがある場合は、利用可能なテンプレート リストから選択し、使用/編集します。
  3. [メッセージ テンプレートを追加/編集] 設定に入力します。
    設定 説明
    [名前] 通知テンプレートの名前を入力します。
    [説明] 作成するテンプレートの説明を入力します。
    [カテゴリ] [加入] を選択します。
    [タイプ] [MDM デバイス アクティブ化] を選択します。
    [言語の選択] テンプレートのデフォルト言語を選択します。その他の既定言語を追加するには [追加] ボタンを使用します。
    [既定] このテンプレートを既定のメッセージ テンプレートとして割り当てます。
    [メッセージタイプ] [Eメール][SMS][プッシュ] からメッセージタイプを選択します。
  4. 通知コンテンツを作成します。上記の [メッセージ タイプ] で選択したメッセージ タイプにより、構成の際に表示されるメッセージが決まります。
    項目 説明
    Eメール
    [E メール コンテンツの形式] Eメール通知の形式を [プレーンテキスト][HTML] から選択します。
    [タイトル] Eメール通知のタイトルを入力します。
    [メッセージ本文]

    ユーザーに送信する Eメールメッセージを入力します。この入力欄に表示される編集/フォーマット用のツールは、[Eメールのコンテンツの形式] で選択された項目により異なります。

    ビジュアル プライバシー通知を有効にしている場合は、メッセージ本文に参照値 PrivacyNotificationUrl を含めてください。

    SMS
    [メッセージ本文]

    ユーザーに送信する SMS メッセージを入力します。

    ビジュアル プライバシー通知を有効にしている場合は、メッセージ本文に参照値 PrivacyNotificationUrl を含めてください。

    プッシュ
    [メッセージ本文]

    ユーザーに送信するプッシュ通知を入力します。

    ビジュアル プライバシー通知を有効にしている場合は、メッセージ本文に参照値 PrivacyNotificationUrl を含めてください。

  5. [[保存]] を選択します。