Workspace ONE UEM の [デバイス詳細] ページを表示することで、単一のデバイスに関する情報を表示して、ユーザーおよびデバイスに対する管理アクションに素早くアクセスできます。

デバイス詳細画面にアクセスするには、いずれかのダッシュボードからデバイス フレンドリ名を選択するか、あるいは Workspace ONE UEM Console の検索ツールを利用します。[フレンドリ名] は、同じブランドおよびモデルのデバイスと区別しやすいように、デバイスに割り当てるラベルです。

メイン ページの主なセクション

  • [通知バッジ] – 侵害状態、順守違反、加入日、選択したデバイスの最終検出時間、および GPS または位置情報サービスの可用性 (Android デバイスのみ) を表示します。
  • [セキュリティ] - 登録に使用された管理ソフトウェア、パスコードの状態、データ保護など、セキュリティの設定を表示します。
    • ブラウザ Web アプリケーションまたはコンテナ アプリケーションを使用してデバイスを登録した後、そのデバイス上で Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションをダウンロードして実行すると、「コンテナによる管理」インジケータが「登録されたハブ」インジケータに変わり、Workspace ONE Intelligent Hub の存在が示されます。
  • [ユーザー情報] – 氏名や Eメールなどを含む基本的なユーザー情報を表示します。
  • [デバイス情報] – 組織グループ、位置情報、スマート グループ、シリアル番号、UDID、アセット番号、電源状態、ストレージ容量、物理メモリ、保証情報、最終再起動時間(Android のみ)、デバイス タグなど、デバイス詳細をアルファベット順に表示します。バッテリ状態は、Zebra Android デバイスにのみ適用されます。
  • [プロファイル] – インストール済み (アクティブ) と割り当て済み (非アクティブ)、さらに管理外 (サイドローディング) といったプロファイルを表示します。
  • [アプリ] – 自動アプリとオンデマンド アプリを含むすべてのインストール済みアプリを表示します。
  • [コンテンツ] – Workspace ONE UEM 管理リポジトリ内および管理者リポジトリ内で管理者によって「必須」とマークされたコンテンツを表示します。
  • [証明書] – 有効期限の近いものも含めすべてのインストール済みの証明書をリストアップします。
  • [[管理アプリケーション]] – バージョン番号を含む、インストールされている Workspace ONE Intelligent Hub の情報を表示します。
  • [Zebra バッテリ情報] (Zebra Android デバイスのみ) – バッテリの状態、製造日、シリアル番号、およびパーツ番号を含むバッテリの詳細情報を表示します。

デバイス詳細ダッシュボード

ダッシュボードには、デバイスのフレンドリ名などの基本的なデバイス情報が表示されます。その他の詳細情報には、デバイス タイプ、デバイス モデル、OS バージョン番号、所有権タイプ、デバイス アクション ボタンのグループ、「最近のリスト」インジケータなどがあります。

[最近のリスト] インジケータの > ボタンを選択すると、フィルタ後の [リスト表示] における位置に基づき、選択されたデバイスが変わります。

また、認定デバイスで [リモート アシスト] セッションを開始することもできます。詳細については、リモート アシスト を参照してください。

メニュー タブ

メニュー タブ 説明
[概要] アプリ、利用可能な OS アップデート、証明書、コンテンツ、デバイス情報、セキュリティ、時間枠、ユーザー情報などの一般的な統計情報を表示します。
[順守]

状態、ポリシー名、前回の順守チェック日と次に予定されている順守チェック日、デバイスに対し既に行われた処理を表示します。[順守] タブには、高度なトラブルシューティング機能や以下のような便利な機能が含まれています。

  • 非順守デバイスや順守状態確認中のデバイスにはトラブルシューティング機能を利用することができます。デバイス単位で順守を再評価するか( [順守を再評価] ボタンは、直角になって互いにもう 1 つの矢印の開始位置を指す 2 つの矢印のペアのように表示されます)またはデバイスの遵守状態に関する詳細情報を取得することができます( 情報アイコンは、小文字の i のようになります)。
  • 「閲覧のみ」 の権限を持つユーザーは、[順守] タブから直接特定の順守ポリシーを閲覧することができます。管理者アクセスを持つユーザーは、順守ポリシーを編集することができます。
[プロファイル] デバイス上の、割り当て済み、インストール済みと管理外プロファイルを含むすべてのプロファイルを閲覧します。
[アプリ]

現在デバイスに割り当てられ、インストールされているアプリをすべて表示します。

[[アプリのコンプライアンス] ]カラムには、[SDK アプリ コンプライアンス] 設定に準拠していない、SDK で作成されたアプリケーションが示されます。これらの設定は、[グループと設定] > [すべての設定] > [設定とポリシー] > [SDK アプリ コンプライアンス] にあります。

[コンテンツ] 状態、タイプ、名前、バージョン、優先順位、展開、最終更新日、日付、表示時間、Workspace ONE UEM 管理リポジトリ内の、管理者によって「必須」とマークされたデバイス上のコンテンツが表示されます。このタブには管理目的アクション (コンテンツのインストールまたは削除) 用のツールバーもあります。
[位置情報]

デバイスの現在位置と過去の位置の履歴を表示します。位置データ ポイントを [[検索]] する [[期間]] または時間の長さを選択します。カスタム期間を使用すると、日にちの範囲および 5 分区切りの時間を選択できます。マップ上のマーカーの場所にポインタを移動して、これらのデータ ポイントの緯度と経度の座標を確認することもできます。

位置情報データの収集を有効にするには、[グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] の順に進み、プラットフォームごとの [Hub 設定] ページを選択します。プライバシーに関する位置情報データの詳細は、プライバシー ベスト プラクティス を参照してください。

収集する位置情報データ ポイントの数およびポイント間の最低距離を変更するには、[グループと設定] > [すべての設定] > [インストール] > [マップ] の順に進みます。

[ユーザー]

デバイスのユーザーに関する詳細と、同じユーザーが加入した他のデバイスの状態を閲覧します。

[時間枠]

同期ステータス、適用されたステータス、時間、スケジュールの詳細などのデバイスに割り当てられた時間枠の詳細を表示します。

Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションから [デバイス同期] を選択して同期ステータスを更新するようにエンド ユーザーに指示できます。

最小ログ収集レベルが [情報] または [デバッグ] に設定されている場合、イベント ロガーによって時間枠イベントがログに記録されます。詳細については、「イベント ログ」を参照してください。

[さらに]

「さらに」 メニュー タブの内容は、デバイス プラットフォームにより異なります。

  • [ネットワーク] – デバイスの現在のネットワーク (セルラー、Wi-Fi、Bluetooth、IMEI) 状態を閲覧します。
  • [セキュリティ] – デバイスの現在のセキュリティ状態がセキュリティ設定に基づいて表示されます。
  • [テレコム] – デバイス上での通話時間、データ使用量、および送受信されたメッセージの量が表示されます。
  • [メモ] – デバイスに関するメモが表示されます。また、メモを入力することもできます。たとえば、デバイスの配送状況、デバイスが修理中のため使用不能であるかどうかなどの情報を入力できます。
  • [証明書] – デバイス証明書の名前および発行元が表示されます。また、証明書の有効期限も表示されます。
  • [[プロダクト]] – デバイスにプロビジョンされたすべてのプロダクト パッケージの全履歴と状態を閲覧します。プロビジョニング エラーもすべて表示されます。プロダクトの再プロセスを強制(再デプロイ)することもできます。
  • [利用規約] – 加入処理時に同意したエンド ユーザー ライセンス同意書 (EULA) の一覧が表示されます。
[その他](続き)
  • [アラート] – デバイスに関連付けられたすべてのアラートを閲覧します。
  • [ブック] – デバイス上のすべての社内ブックが表示されます。
  • [共有デバイス ログ] – 共有デバイスの履歴 (過去のチェックイン/チェックアウト、現在の状態など) が表示されます。
  • [制限事項] – 現在デバイスに適用されているすべての制限が表示されます。このタブ ページには、デバイス、アプリ、評価、およびパスコードによる固有の制限事項も表示されます。
  • [状態履歴] – 加入状態に関するデバイスの履歴が表示されます。
  • [ターゲット ログ収集] – コンソール、カタログ、デバイス サービス、デバイス管理、およびセルフサービス ポータルのログが表示されます。設定で 「ターゲット ログ収集」 を有効にして、この目的のためのリンクを用意する必要があります。次に [新しいログを作成] ボタンを選択し、ログの収集時間の長さを選択する必要があります。
  • [トラブルシューティング][イベント ログ][コマンド] のログ情報が表示されます。この画面には、エクスポートと検索機能が備わっており、ターゲットを絞った検索や分析ができます。
    • [イベント ログ] – 詳細なデバッグ情報およびサーバのチェックインが表示されます。[イベント グループ タイプ][日付の範囲][重要度][モジュール][カテゴリ] による [フィルタ] が含まれます。

      [イベント ログ] のリストの [イベント データ] カラムにハイパーリンク付きテキストが表示されることがあり、ここから特定のイベントに関するより詳細な情報を含む別の画面を開くことができます。この情報を使用して、プロファイルのインストールが失敗した理由を確定するなど、高度なトラブルシューティングを実行することができます。

    • [コマンド] – デバイスに送信された、保留中、キュー済み、完了済みのコマンドの詳細なリストが表示されます。[カテゴリ][状態] そして特定の [コマンド] によりデータを抽出できる [フィルタ] 機能があります。
  • [添付ファイル] – トラブルシューティングやその他の目的のためのスクリーンショット、ドキュメント、Intelligent Hub より送信された Hub ログの表示、およびリンクには、デバイス自体の領域ではなく、サーバ上のこのストレージ領域を使用します。
  • [侵害の検出] – 状態に関する特定の [理由] や状態の [重大] 度など、デバイスの侵害状態に関する詳細を表示します。