Workspace ONE UEM でプロファイルを作成して割り当てた後、これらの設定のそれぞれを一元的にリモート管理する方法が必要です。[リソース] > [プロファイル & ベースライン] > [プロファイル]と進むと、プロファイルを一元的に整理および管理できます。

[フィルタ][レイアウト][カラム並べ替え] を使用し、条件を設定して、デバイス プロファイル リストをカスタマイズすることができます。または、リストを CSV ファイルにエクスポートし、Excel でデバイス プロファイルの状態を確認することもできます。

デバイス プロファイル,デバイス プロファイル,プロファイル リスト表示,割り当てタイプ,割り当てられたグループ,インストール状態

デバイス プロファイルのホバーオーバー ポップアップ

各デバイス プロファイルの [プロファイル名] カラムの右上隅にツールチップ アイコンがあります。このアイコンをタップするか (モバイル タッチ デバイスの場合)、マウス カーソルでホバーオーバー (PC または Mac の場合) すると、ホバーオーバー ポップアップが表示されます。

このポップアップには [プロファイル名]、プロファイルが有効な [プラットフォーム]、ペイロード [タイプ] などのプロファイル情報が表示されます。

このスクリーンショットは、プロファイルの詳細ページからのものであり、ホバーオーバー ポップアップにプロファイル名、プラットフォーム、およびタイプが含まれていることを示します。

[プロファイル リスト] 表示の [割り当てられたグループ] カラムにも同様のツールチップ アイコンがあり、[割り当てのスマート グループ][展開タイプ] をホバーオーバー ポップアップで表示します。

デバイス プロファイルの読み取り専用表示

ある組織グループで作成され、管理されるデバイス プロファイルは、より低いレベルの権限を持つ管理者がアクセスする場合、読み取り専用の状態になります。プロファイル ウィンドウは、この読み取り専用状態を反映して 「このプロファイルは、上位の組織グループで管理されているため編集できません。」 というメッセージを表示します。

この読み取りのみの制限は、スマート グループ割り当てにも適用されます。メイン組織グループでプロファイルを作成し、あるスマート グループに割り当てた場合、サブ組織グループの管理者は、割り当て先スマート グループを表示することはできますが、編集することはできません。

この動作は、階層構造に基づくセキュリティを維持し、管理者間のコミュニケーションを促進します。

リスト表示のオプション

設定 説明
[フィルタ]

以下のフィルタを使用し、必要なプロファイルのみ表示します。

  • [状態] – アクティブ、非アクティブ、すべてのデバイスを表示するフィルタを適用します。
  • [プラットフォーム] – 13 種類のプラットフォーム別にデバイスを表示するか、すべてのプラットフォームを表示します。
  • [スマート グループ] – ドロップダウン メニューからスマート グループを選択し、所属デバイスのみを表示することができます。
[レイアウト]

リスト上のカラムの配置をカスタマイズできます。

  • [概要] – 既定のカラムと表示設定の [リスト表示] を閲覧します。
  • [カスタム][リスト表示] から表示したいカラムのみを選択します。選択したカラムを、現在の組織グループ、またはそのサブ組織グループのすべての管理者に適用することもできます。
[エクスポート] [ リスト表示] 全体を XLSX または CSV(コンマ区切り値)ファイルで保存するため、MS Excel で表示して分析できます。[リスト表示] にフィルタを適用している場合は、エクスポートされるリストもそのフィルタに従います。
[カラム並べ替え] カラムのヘッダを選択し、リストの並び順を切り替えます。
[プロファイル詳細] [概要][カスタム] 表示の両方の [プロファイル詳細] カラムには、名前、プラットフォーム、およびペイロード タイプが表示されます。
[ペイロード] デバイス プロファイルで指定されているペイロードの数が表示されます。
[インストール状態] このカラムには、プロファイルのインストール状態が、リンク付きのハイパーテキストの 3 つの数字で表示されます。このリンクを選択すると、[デバイス表示] 画面が表示され、選択したカテゴリに該当するデバイスの一覧を閲覧できます。
  • [インストール保留中]) – このインジケータには、プロファイルのインストールがスケジュールされているデバイスの台数が表示されます。
  • [インストール済み] インストール済みアイコンは、緑色のチェックマークのようになります) – このインジケータは、プロファイルが割り当てられ、正常にインストールされたデバイスの数を表示します。
  • [未インストール] 未インストール アイコンは、灰色の丸の中の白いマイナス記号のようになります) – このインジケータは、プロファイルが割り当てられているにもかかわらずまだインストールされていないデバイスの数を表示します。
  • [割り当て済み] 割り当て済みアイコンは、胸のシルエットのようになります) – このインジケータは、インストール状態にかかわらず、プロファイルが割り当てられたデバイスの総数を表示します。
  • [削除保留中]) – このインジケータには、削除がスケジュールされているプロファイルの合計数が表示されます。
  • [削除済]) – このインジケータには、削除されたプロファイルの合計数が表示されます。
  • [有効期限切れ]) – インストールされたプロファイルの更新バージョンが使用可能な場合、このインジケータが表示されます。
  • [処理中情報]) – このインジケータは、プロファイルが「保留」状態の場合に表示されます。この状態になっている典型的なプロファイルの例としては、サードパーティ サーバの情報を必要とするプロファイル(Websense と zScaler を含む VPN プロファイル、CA データを必要とする証明書プロファイルなど)が挙げられます。これらのプロファイルは、サーバに接続して必要な情報を取得するまで保留状態になります。
  • [割り当てなし] – このテキストのみのインジケータは、プロファイルが定義されて保存されているが、まだデバイスに割り当てられていない場合に表示されます。
  • [該当なし] – プロファイルが定義、保存、割り当てられているが、割り当て先デバイスに適用できない詳細設定が構成に含まれている場合に、このテキストのみのインジケータが表示されます。
  • [Installation Failed] – プロファイルが定義、保存、割り当てられているが、正常なインストールを妨げるようなエラーが発生した場合に、このテキストのみのインジケータが表示されます。
[ラジオ ボタン][編集アイコン]

[リスト表示] 画面には、プロファイルの左側にそれぞれラジオ ボタンと [編集] アイコンがあります。[編集] アイコン( 編集アイコンは灰色の鉛筆のようになります)を選択すると、プロファイルの構成に基本的な変更を加えることができます。ラジオ ボタンを選択すると [デバイス] ボタン、[XML] ボタンと [その他のアクション] ボタンが一覧の上に表示されます。

  • [デバイス] – 該当プロファイルを利用できるデバイスと、そのプロファイルがインストールされているかどうか、そしてその理由を表示します。貴社の展開に含まれているデバイスを調査し、必要に応じて手動でプロファイルをプッシュします。
  • [</] > [XML] – プロファイル作成後、Workspace ONE UEM が生成する XML コードを表示します。XML コードを確認し、コンソールの外部で再利用または変更するために保存します。
  • [その他のアクション]
    • [コピー] – 既存のプロファイルのコピーを作成し、コピー版の構成を微調整することでデバイス プロファイルを作成します。
    • [アクティブ化/非アクティブ化] – デバイス プロファイルを、アクティブまたは非アクティブに切り替えます。
    • [削除] – 不要なプロファイルを削除し、貴社のプロファイル リストのメンテナンスを行います。

デバイス プロファイルのインストールを確認する

まれに、対象となるデバイスにプロファイルがインストールされないケースが発生することがあります。そのような場合は、[デバイス表示] 画面を使用して具体的な理由を確認します。

プロファイルのインストール状態

  1. [リソース] > [プロファイル & ベースライン] > [プロファイル]を選択して、表示されるリストを確認します。
  2. [インストール状態] 列を確認し、インジケータ アイコンの右側に表示される数字リンクを選択して [デバイス表示] 画面を開きます。インジケータ アイコンの詳細については、「[デバイス プロファイルのリスト表示]」の [インストール状態] の定義を参照してください。

     このスクリーンショットは、プロファイルがインストールされていることによるデバイスのペアを含む [View Devices] 画面を示しています。

    [結果:][デバイス表示 - <profile name>] 画面が表示されます。

  3. (オプション)[エクスポート] アイコンを選択することで、[デバイス表示] ページ全体のカンマ区切り値 (CSV) ファイルを作成します(エクスポート アイコンは、北東をポイントした矢印が付いた青いボックスの図形の中にあります)。Excel を使用して CSV ファイルの読み取りおよび分析を実行できます。
  4. (オプション)[表示する列] アイコン ( 表示する列のアイコンは、ハンマーとレンチのような形です)を選択することで、[View Devices] ページに表示する列をカスタマイズします。

iOS デバイス コマンド状態カラムを表示する

iOS デバイスの特徴として [デバイス表示] 画面上の [コマンド状態] カラムがあります。これには選択した iOS デバイスと関連する場合に便利なインストール状態が含まれます。[コマンド状態] カラムに次の状態が表示されます。

  • [エラー] – リンクを選択すると、デバイスに該当する特定のエラー コードを表示します。
  • [保持] – デバイスが進行中の証明書バッチ処理に含まれていることを示します。
  • [適用なし] – プロファイルの割り当てがデバイスの操作に影響することはないが、スマート グループにも展開にも属していない場合に表示されます。例としては、プロファイル タイプが管理外である場合などが考えられます。
  • [今は行わない] – デバイスがロックされているかまたは他の操作を実行中であることを示します。
  • [保留中] – インストールはスケジュール済みで待機中であることを示します。
  • [成功] – プロファイルが正常にインストールされたことを示します。