iOS 用の VPN の高度な設定には、接続および認証の設定、プロキシおよびベンダの構成があります。iOS 用の VPN を構成するために、必要に応じてこれらの設定を有効にします。

設定 説明
接続情報
アカウント VPN アカウントの名前を入力します。
アイドル状態で切断(分) 一定の時間が経過したら、VPN が自動的に切断されるようにします。この値のサポートは、VPN プロバイダによって異なります。
すべてのトラフィックを送信 すべてのトラフィックが指定したネットワークを経由することを強制するには、これを選択します。
アプリベース VPN 規則 アプリベース VPN ルールを有効にして設定するには、このオプションを選択します。
自動接続 VPN で、Safari ドメインに自動接続するにはこのオプションを選択します。このフィールドは、[アプリベース VPN 規則] チェック ボックスをオンにした場合に表示されます。
プロバイダ タイプ アプリベース VPN プロバイダのタイプを選択します。アプリ プロキシとパケット トンネルのどちらかを選択することで、アプリケーション レイヤーと IP レイヤーのどちらを使用してトラフィックをトンネルするかを指定します。このフィールドは、[アプリベース VPN 規則] チェック ボックスをオンにした場合に表示されます。
Safari ドメイン アプリベース VPN で自動接続したいドメインを入力します。このドメインは、VPN の自動接続を実行する社内サイトです。このフィールドは、[アプリベース VPN 規則] チェック ボックスをオンにした場合に表示されます。
認証
ユーザー認証 エンド ユーザーを認証するには、[証明書] をアップロードするか、VPN アクセス用の [パスワード] を要求します。
グループ名 Workspace ONE UEM のグループ名を入力します。
パスワード [ユーザー認証] で 「パスワード」 を選択した場合にのみ、このフィールド値を指定できます。Workspace ONE UEM の [グループ名] に対するパスワードを入力します。
ID 証明書 この設定は、[ユーザー認証] が 「証明書」 に設定されている場合にのみ指定できます。[[証明書を追加する]] を選択して、証明書ファイルを指定してアップロードするか、証明書テンプレートを使用して既存の認証局を選択します。
オンデマンド VPN を有効化 この設定は、[ユーザー認証] が 「証明書」 に設定されている場合にのみ指定できます。オンデマンド VPN を有効にすると、証明書を使用して自動的に VPN 接続が確立されます。
新しいオンデマンド キーを使用する この設定は、[ユーザー認証] が 「証明書」 に設定されている場合にのみ指定できます。このオプションを有効にすると、指定されているドメインのいずれかにエンド ユーザーがアクセスすると、VPN 接続がアクティブになります。
ドメインまたはホストが一致する この設定は、[ユーザー認証] が 「証明書」 に設定されている場合にのみ指定できます。エンド ユーザーがアクセスしたときに VPN 接続をアクティブにするトリガとなる、ドメインまたはホスト名を入力します。
オンデマンド アクション この設定は、[ユーザー認証] が 「証明書」 に設定されている場合にのみ指定できます。エンド ユーザーが VPN 接続をアクティブにしたときに実行される、ドメインごとのオンデマンド アクションを選択します。[常に確立]、[確立不可]、[必要に応じて確立] から選択します。
プロキシ
[プロキシ] [[なし]][[手動]][[自動]] から選択します。
[プロキシ サーバの自動構成 URL] [プロキシ][自動] になっている場合にのみ指定できます。デバイスが接続に使用する Wi-Fi プロキシの URL を入力します。
[サーバ] [プロキシ][手動] になっている場合にのみ指定できます。デバイスの接続先となるプロキシ サーバの名前を入力します。
[ポート] [プロキシ][手動] になっている場合にのみ指定できます。デバイスがプロキシ サーバに接続するときに使用する、プロキシ サーバのポート番号を入力します。
[ユーザー名] [プロキシ][手動] になっている場合にのみ指定できます。プロキシ サーバで認識されるユーザー名を入力します。
[「パスワード」] [プロキシ][手動] になっている場合にのみ指定できます。入力したユーザー名に対応するパスワードを入力します。
ベンダ構成
ベンダーキー

ベンダー構成ディクショナリを使用して、カスタム キーを作成します。

[キー] ベンダーから提供された固有のキーを入力します。
[値] 各キーの VPN 値を入力します。