Workspace ONE Express および Workspace ONE UEM powered by AirWatch での Android、iOS と Windows デバイスの主要な加入方法は、Workspace ONE Intelligent Hub を使用する方法です。

手順

  1. Workspace ONE Intelligent Hub を Google Play ストアから(Android デバイスの場合)または App Store から(Apple デバイスの場合)ダウンロードしてインストールします。
    パブリック アプリケーション ストアから Workspace ONE Intelligent Hub をダウンロードするには、Apple ID または Google アカウントが必要になります。

    [Windows 10] デバイスでは、デバイスの既定のブラウザで https://getwsone.com にアクセスして、Hub をダウンロードする必要があります。

  2. ダウンロード完了後に Workspace ONE Intelligent Hub を実行するか、または、ブラウザ セッションに戻ります。
    重要: Android デバイスに Workspace ONE Intelligent Hub をインストールして実行するには、デバイスに 60 MB 以上の空きスペースが必要です。Android プラットフォーム上では、CPU および実行時メモリはアプリケーションごとに割り当てられます。あるアプリケーションが、割り当てられている以上のリソースを使用している場合、Android デバイスによってそのアプリケーションが強制終了され、リソース配分が最適化されます。
  3. メール アドレスの入力を求められたら入力します。Workspace ONE Console は、このアドレスが環境にすでに追加されていないか確認します。追加されていれば、このエンド ユーザーはすでに構成されており、組織グループに割り当てられていることになります。
    エンド ユーザーをメール アドレスに基づいて特定できない場合、Workspace ONE Console は、 [サーバ][グループ ID][資格情報] を入力するよう求めるプロンプトを表示します。環境 URL とグループ ID が必要である場合、Workspace ONE 管理者から入手できます。
  4. 残りのプロンプトに従って、加入処理を完了させます。ユーザー名の代わりにメール アドレスを使用できます。2 人のユーザーが同じメール アドレスを使用している場合、加入処理は失敗します。

結果

これで、デバイスは Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションに登録されました。[サマリ] タブを、このデバイスの [デバイス詳細表示] で開きます。セキュリティ パネルには、「登録されたハブ」が表示され、登録方法が示されます。

詳細は、デバイス詳細 を参照してください。