加入制限では、展開に適用したい加入パラメータを細かく調整することができます。使用する加入制限を決定する際には、以下のことを検討してください。

検討事項 #1:特定のプラットフォーム、OS バージョン、または許可するデバイスの最大台数を制限しますか。

  • Samsung SAFE/Knox、HTC Sense、LG Enterprise、Motorola デバイスなどの、エンタープライズ管理機能が組み込まれているデバイスのみをサポートしますか。その場合は、Android デバイスがサポート対象のエンタープライズ バージョンであることを加入制限として要求することができます。
  • 1 人のユーザーが加入できるデバイスの台数を制限しますか。その場合は、企業所有デバイスと従業員所有デバイスを区別して、この数量を設定することができます。
  • 展開において特定のプラットフォームをサポート対象から除外しますか。その場合は、ブロック対象のデバイス プラットフォームのリストを作成することで、加入を禁止できます。

従業員所有デバイスの台数と種類を調べる必要があります。また、職場環境での使用にふさわしいデバイスを特定する必要があります。これらの作業が完了したら、これらの加入制限事項をポリシーとして保存できます。

検討事項 #2: 企業デバイスのリストを作成して加入を制限しますか。

追加の登録オプションを使用することで、エンド ユーザーが加入できるデバイスを制御することができます。この方法は、BYOD 導入環境において便利です。ブラックリスト デバイスの加入を禁止することや、ホワイトリスト デバイスの加入だけを許可することができます。タイプ、プラットフォーム、デバイス ID、およびシリアル番号を基準にして、デバイスをホワイトリストに登録することができます。詳細は、「ブラックリストまたはホワイトリストにデバイスを追加する」 を参照してください。

検討事項 #3:組織グループごとに、加入するデバイスの台数を制限しますか。

1 つの組織グループに加入できるデバイス数の上限を設定することができます。上限を設定することで、有効な加入デバイス数が際限なく増えて貴社展開の管理が困難になることを防ぎます。詳細は「組織グループ別に加入デバイス数の上限を設定する」を参照してください。