個人用デバイスを Workspace ONE UEM 環境に加入させることを従業員に許可する場合、事前に多くの点について検討する必要があります。

検討事項 #1:BYOD ユーザーは、加入に VMware Workspace ONE または Workspace ONE Intelligent Hub を使用しますか。

VMware Workspace ONE は、セキュアなエンタープライズ プラットフォームで、すべてのデバイスを対象にアプリの配信および管理を行うことができます。セルフサービスで使い始めることができ、クラウド/モバイル/Windows アプリへのシングル サインオン アクセスが可能で、パワフルに統合された Eメール、カレンダー、ファイル、共同作業のツールが揃っています。

Workspace ONE を使用する場合、ユーザーはサービスにアクセスするために個人デバイスの加入を行う必要はありません。Workspace ONE アプリ自体は Apple App Store、Google Play、または Microsoft Store からダウンロードしてインストールすることができます。ユーザーは、ログインすると、設定されているポリシーに基づいてアプリケーションにアクセスできます。Workspace ONE アプリでは、インストール時に MDM 管理プロファイルが構成され、自動的にデバイスの加入が行われます。

検討事項 #2: 従業員所有のデバイスに追加の加入制限を適用しますか。

この質問の答えを考える際には、以下の点を検討してください。

  • MDM 展開では特定のデバイス プラットフォームのみをサポートしますか。その場合は、そのプラットフォームを指定して、そのプラットフォームで実行されているデバイスのみに加入を許可することができます。
  • 従業員が加入を行える個人デバイスの台数を制限しますか。制限する場合は、ユーザーが加入できるデバイスの最大台数を指定できます。

追加の加入制限を設定して、加入できるユーザーや許可するデバイス タイプをさらに制御することができます。たとえば、エンタープライズ管理機能が組み込まれている Android デバイスのみをサポートすることができます。業務で使用するのにふさわしい従業員所有デバイスの種類を検討して決定したら、これらの設定を構成できます。

詳細は、「追加の加入制限」 を参照してください。