プライバシー設定では、デバイス情報とユーザー情報が Workspace ONE UEM Console 内でどのように扱われるかを指定できます。これらの情報は、個人デバイスの業務利用 (BYOD) 展開において役立ちます。

  • デバイス所有形態別にプライバシー ポリシーを確認し調整し、他国のデータ プライバシー法や法的に定められた規制を遵守する
  • IT による抑制と均衡の仕組みを取り入れ、サーバとシステムのオーバーロードを確実に防ぐ
重要: どのような情報をエンド ユーザーから収集できるのかについては、地域により法規制内容が異なります。 貴社のプライバシーポリシーを構成する 前に、法規制を十分に調査するようにしてください。