デバイスを最上位の組織グループ (グローバル) に直接加入させるべきではありません。これにはいくつか理由があります。その理由は、マルチテナンシー、継承、機能の 3 つです。

[マルチテナンシー]

サブ組織グループは必要な数だけ作成できます。また、各サブ組織グループを個別に構成します。あるサブ組織グループに適用する設定は、他のサブ組織グループに影響しません。

[継承]

メイン組織グループに加えた変更内容は、サブ組織グループにも適用されます。一方、サブ組織グループに加えた変更内容は、メイン組織グループおよび同位の組織グループに適用されません。

[機能]

「カスタマー」 タイプの組織グループに対してのみ構成できる設定と機能があります。それは、ワイプ保護、テレコム、および個人コンテンツです。トップレベルのグローバル組織グループに直接追加されたデバイスは、これらの設定および機能から除外されます。

グローバル組織グループは、「カスタマー」 およびその他のタイプの組織グループを所属させる目的で用意されているものです。設定は下位の組織グループに継承されるので、デバイスをグローバル組織グループに追加し、かつ、それらのデバイスに影響を及ぼす設定を使用してグローバル組織グループを構成する場合、その下位のすべてのカスタマー組織グループにも影響が及びます。つまり、マルチテナントと継承のメリットが活かされません。