Workspace ONE UEM powered by AirWatch のデバイス タグを使用すると、デバイス プロファイル、スマート グループ、順守ポリシーを必要としたり、メモを作成したりすることなく、特定のデバイスを識別できます。

デバイス リスト表示のタグによるフィルタリング、1 つまたは複数デバイスへのタグの割り当て、タグの割り当て解除、割り当て解除されたタグの削除を行えます。

たとえば、バッテリが劣化しているデバイスや、スクリーンが破損しているデバイスをコンソールから特定したい場合にタグを使用することができます。別の使い方としては、モデル番号や説明に基づいてデバイスを識別する代わりに、ハードウェアの違いをより区別しやすくしたい場合などが挙げられます。

たとえば、同一モデル番号の 2 台の Windows デスクトップ デバイスでも、CPU が若干異なったり、メモリの量やビデオ カードがカスタマイズされていたりすることがあります。拡張されたハードウェアをタグ付けすることで、Console 内でデバイスを簡単に区別できます。

タグとスマート グループ

タグ機能はスマート グループと統合されています。この統合により、タグでスマート グループを定義することができます。

例えば、外観上傷のあるすべてのデバイスにタグ付けし、これらのデバイスから成るスマート グループを作成できます。そして、貴社の訪問客が一時的に使用するデバイスからこのスマート グループを除外することができます。

あるいは、性能の悪いデバイスにタグを付けることもできます。そのようなタグの付けられたデバイスから成るスマート グループを作成し、重要なプロジェクトにはそれらのデバイスを使わないようにするといったことができます。

デバイス タグとロール権限

デバイス タグ機能に関連するすべてのアクティビティには、管理者に割り当てるロールの権限が必要です。タグの作成の責任を管理者が負うようにするには、その権限(Console ではリソースと呼ばれます)を、該当する管理者に割り当てるロールに追加する必要があります。タグの表示、タグの編集、タグの削除、タグの割り当て、さらにタグの検索機能を使用する場合も同様です。

タグでデバイスを抽出する

  1. [デバイス] > [リスト表示] の順に進み、[フィルタ] をクリックすると、デバイス リストの左側に [フィルタ] カラムが表示されます。
  2. フィルタ カテゴリのリストから [[高度な設定]] を選択し、[[タグ]] を選択します。
  3. [検索] テキスト ボックスの任意の場所をクリックし、表示されるデバイス タグのリストから選択します。

[結果:]チェックのないタグの付いたデバイスは、リストからフィルタで除外されます。[デバイス リスト表示] は、最初のタグが選択されるとすぐに自動的に更新されます。

[システム設定] から新しいタグを作成する

[はじめる前に:]タグを作成するには適切な権限が必要です。こうした権限を確認するには、管理者のロールの割り当てられたすべてのリソース(または権限)を表示し、「タグを作成」権限を使用してロールを変更して、変更したロールを管理者アカウントに割り当てます。詳細については、[管理者ロールのリソースの表示] のトピックを参照してください。

  1. [グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [高度な設定] > [タグ] の順に進みます。
  2. [タグを作成] ボタンを選択します。[タグを作成] 画面が表示されます。
  3. タグの [名前] を入力します。使いやすいタグ名を選択してください。デバイスを一目で識別できる名前を選択します。
  4. 追加するタグの [タイプ] について、[デバイス][全般]、または [動画] を選択します。
  5. [[保存]] を選択します。

これで、デバイス タグをデバイスに割り当てることができるようになりました。[デバイス] > [リスト表示] の順に進み、このタグを割り当てる 1 台以上のデバイスを選択します。

1 台のデバイスにタグを割り当てる

タグを割り当てることで、メモ、プロファイル、ポリシーを使わずに、あるいは特別なフレンドリ名を付けずにデバイスを特定することができます。デバイスにタグを割り当てる機能を含む(または除外する)管理者ロールの一部としての権限の付与を探していますか。「[管理者ロールのリソースの表示]」のトピックを参照してください。

  1. [デバイス] > [リスト表示] の順に進み、タグ付けしたいデバイスを選択します。次の 2 つの選択方法のいずれかを選択して、タグを付けるデバイスを選択します。
    1. リストでデバイスを選択し、[詳細表示] を表示します。
    2. デバイスの横にある鉛筆のアイコンの上にあるチェック ボックスを選択します。
  2. [その他のアクション] ボタンをクリックし、[タグ割り当て] を選択します。[タグ割り当て] 画面に、選択したデバイスに適用できるタグの一覧が表示されます。
  3. デバイスに割り当てたいタグをそれぞれ選択します。複数のタグを選択することができます。デバイスの [詳細表示] から [タグ割り当て] を選択した場合は、[タグの管理] リンクが表示されます。このリンクを選択すると、タグのシステム設定ページが開き、新しいタグを作成できます。

複数のデバイスにタグを割り当てる

タグを複数のデバイスに割り当てるには、適切な権限が必要です。こうした権限を確認するには、管理者のロールの割り当てられたすべてのリソース(または権限)を表示し、「デバイス一括管理タグ割り当て」権限を使用してロールを変更して、変更したロールを管理者アカウントに割り当てます。

[グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [高度な設定] > [一括管理]の順に進み、[タグの割り当て/割り当て解除] オプションまで下にスクロールすることで、タグの割り当てまたは割り当て解除が許可されているデバイスの最大数を構成できます。

  1. [デバイス] > [リスト表示] の順に進みます。
  2. タグを割り当てたいデバイスのボックスにチェックを入れます。
  3. [その他のアクション] を選択し、[タグの管理] を選択します。

    [タグの管理] ページが、複数の情報とともに表示されます。リスト表示から選択したデバイスの数が確認され、現在割り当てられているタグと、割り当てに使用可能なすべてのタグが表示されます。[タグの管理] ページの右上隅にある検索テキスト ボックスを使用して、タグ ラベルの検索パラメータを入力することもできます。

  4. 選択したデバイスのすべてに割り当てたいタグを選択します。複数のタグを選択することができます。同じ手順で、あるタグを割り当て解除しながら、他のタグを割り当てることもできます。
  5. [[保存]] を選択します。

既存のデバイス タグを編集する

タグを編集するには、適切な権限が必要です。こうした権限を確認するには、管理者のロールの割り当てられたすべてのリソース(または権限)を表示し、「タグを編集」権限を使用してロールを変更して、変更したロールを管理者アカウントに割り当てます。

  1. [グループと設定] > [デバイスとユーザー] > [高度な設定] > [タグ] の順に進みます。
  2. リストから編集するタグを見つけます。
  3. 編集したいタグの横にある鉛筆のアイコン () を選択します。[タグを編集] 画面が表示されます。
  4. タグの [名前] を編集します。
  5. [[保存]] を選択します。

[結果:]新しい名前でタグが編集されました。前のタグが割り当てられているデバイスが、編集後のタグで更新されます。

複数のデバイスからのタグの割り当て解除

複数のデバイスからタグを割り当て解除するには、正しい権限が必要です。これらの権限を確認するには、管理者ロールに割り当てられたすべてのリソース(または権限)を表示し、「タグの割り当て解除一括管理」権限でロールを変更して、変更したロールを管理者アカウントに割り当てます(まだ割り当てられていない場合)。詳細については、[管理者ロールのリソースの表示] のトピックを参照してください。

[グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [高度な設定] > [一括管理]の順に進み、[タグの割り当て/割り当て解除] オプションまで下にスクロールすることで、タグの割り当てまたは割り当て解除が許可されているデバイスの最大数を構成できます。

複数のデバイスからタグの割り当てを解除するには、次の手順を実行します。

  1. [デバイス] > [リスト表示] の順に進み、割り当て解除するタグを検索します。あるいは、1 つ以上のタグに基づいてデバイスをフィルタできます。
  2. 割り当てを解除するタグのある [デバイス リスト表示] で各デバイスの左側にあるチェック ボックスをオンにします。
  3. リストの上にある [その他のアクション] ボタンを選択します。
  4. [タグの管理] を選択します。

    [タグの管理] ページが、複数の情報とともに表示されます。リスト表示から選択したデバイスの数が確認され、現在割り当てられているタグと、割り当てに使用可能なすべてのタグが表示されます。[タグの管理] ページの右上隅にある検索テキスト ボックスを使用して、タグ ラベルの検索パラメータを入力することもできます。

  5. 解除したい各割り当て済みタグの隣の小さな削除マーク (x) を選択します。複数のタグを割り当て解除できます。同じ手順で、あるタグを割り当て解除しながら、他のタグを割り当てることもできます。
  6. [[保存]] を選択します。

[結果:]選択したすべてのデバイスからタグが割り当て解除されました。そのタグが他のデバイスに割り当てられている場合、そのタグを削除することはできません。

割り当て解除された(未使用の)デバイス タグを削除する

タグの割り当てが解除されており、そのタグを再度使用する予定がない場合は、削除できます。

タグを削除するには、適切な権限が必要です。こうした権限を確認するには、管理者のロールの割り当てられたすべてのリソース(または権限)を表示し、「タグを削除」権限を使用してロールを変更して、変更したロールを管理者アカウントに割り当てます。詳細については、[管理者ロールのリソースの表示] のトピックを参照してください。

削除するタグは、どのデバイスにも割り当てられていないことが必要です。

タグをデバイスから割り当て解除するには、上記の前のセクションを参照してください。

  1. タグの割り当てが完全に解除されたら、[グループと設定] > [デバイスとユーザー] > [高度な設定] > [タグ] の順に進みます。
  2. リストから削除するタグを見つけます。
  3. 削除するタグの横にあるラジオ ボタンを選択します。リストの上に [削除] ボタンがあります。
  4. [削除] を選択します。「完全にタグを削除しますか?」という確認のメッセージが表示されます。
  5. 確認メッセージで [OK] を選択します。タグがデバイスに割り当てられている場合、タグを削除することはできません。デバイスからタグの割り当てを解除するには、上記の手順を参照してください。

削除したときにタグがどのデバイスにも割り当てられていない場合、そのタグは削除されます。