[デバイス表示] 画面では、選択したポリシーに割り当てられている各デバイスの順守状況の詳細を確認できます。この画面は、[順守/非順守/保留中/割り当て] というタイトルの列の数値のハイパーリンクをクリックすると表示されます。

[状態] ドロップダウン メニューから選択して、上記の 4 つの状態のリストにフィルタを適用します。[割り当て] 状態は、[順守][非順守][保留中] 状態の合計です。

 このスクリーンショットは、さまざまな順守ステージでセキュリティ パッチが適用されている 3 台のデバイスを含む [デバイス表示] ページを示しています。

[状態] カラムには以下の 3 つのデバイス状態のいずれかが表示されます。

  • [順守状態] – デバイスが、割り当てられた順守ポリシーにより順守状態であると判断された状態
  • [非順守状態] – デバイスが、割り当てられた順守ポリシーにより非順守状態であると判断された状態
  • [保留中] – 新しい加入デバイスへの順守ポリシー割り当てがスケジュールされている状態

また、デバイスの [C/E/S](所有形態)、[プラットフォーム/OS/モデル][組織グループ][最終順守チェック日][次回順守チェック日][対応措置] を確認できます。「対応措置」カラムには、非順守状態のデバイスに対する対応措置が表示されます。

特定デバイスの順守状態を再確認することもできます。順守エンジンを使用し、[順守を再評価] [順守を再評価] ボタンは、直角になって互いにもう 1 つの矢印の開始位置を指す 2 つの矢印のペアのように表示されます)を選択して順守状態を再報告します。