ネイティブ メール クライアント (Android (Legacy)) を使用して EAS メールを展開するには、ネイティブ メール クライアントの構成プロファイルを作成します。

手順

  1. [デバイス] > [プロファイルとリソース] > [プロファイル] > [追加] > [プロファイルを追加] > [Android (Legacy)] の順に進みます。
  2. プロファイルをデバイスに展開するには、[デバイス] を選択します。
  3. プロファイルの [全般] 設定を構成します。これらの設定では、プロファイルの展開方法およびプロファイルの受信者を指定します。
  4. [Exchange ActiveSync] ペイロードを選択します。
  5. Exchange ActiveSync 設定を構成します。
    設定 説明
    メール クライアント アカウント タイプとして [ネイティブ メール クライアント] を選択します。
    アカウント名 メール アカウントの説明を入力します。
    Exchange ActiveSync ホスト

    社内の ActiveSync サーバの外部 URL を入力します。

    ActiveSync サーバには、ActiveSync プロトコルを実装している任意のメール サーバ (例: IBM Notes Traveler、Novell Data Synchronizer、Microsoft Exchange) を使用できます。セキュア E メール ゲートウェイ (SEG) 展開の場合は、メール サーバ URL ではなく SEG URL を使用します。

    SSL エラーを無視 このオプションを有効にした場合、デバイスは Workspace ONE Intelligent Hub プロセスにおける SSL エラーを無視できます。
    ドメイン

    エンドユーザーのドメインを入力します。

    エンドユーザーごとにプロファイルを作成する代わりに、参照値を使用することができます。

    ユーザー

    エンドユーザーのユーザー名を入力します。

    エンドユーザーごとにプロファイルを作成する代わりに、参照値を使用することができます。

    メール アドレス

    エンドユーザーの E メール アドレスを入力します。

    エンド ユーザーごとに個別のプロファイルを作成する代わりに、参照値を使用できます。

    注: GSuite のカスタム属性を使用している場合は、Exchange ActiveSync メール プロファイルの [メール アドレス] フィールドにカスタム属性の参照値を使用する必要があります。 Google Suite への MEM 呼び出しのユーザー属性を構成するを参照してください。
    パスワード

    エンドユーザーにのパスワードを入力します。

    エンドユーザーごとにプロファイルを作成する代わりに、参照値を使用することができます。

    ID 証明書

    Exchange ActiveSync に接続するエンドユーザーに証明書を要求する場合、ドロップダウン リストで ID 証明書を選択します。証明書を要求しない場合は、[なし] を選択します (既定値)。

    メールの同期を取りに遡る日数 過去何日分のメールをデバイスと同期させるかを指定します。
    カレンダーの同期を取りに遡る日数 過去何日分のカレンダー項目をデバイスと同期させるかを指定します。
    カレンダーの同期 このオプションを有効にした場合、カレンダーをデバイスと同期させることができます。
    連絡先の同期 このオプションを有効にした場合、連絡先をデバイスと同期させることができます。
    タスクの同期を許可 このオプションを有効にした場合、タスクをデバイスと同期させることができます。
    E メール最大サイズ E メール メッセージをデバイスと同期させる際に許容される、各 E メール メッセージの上限サイズを指定します。このサイズを超過した分は切り詰められます。
    Eメール署名 発信メールに表示する Eメール署名を入力します。
    添付ファイルを許可する このオプションを有効にした場合、E メールにファイルを添付できます。
    添付ファイルの最大サイズ (MB) 添付ファイルの上限サイズ (単位: MB) を指定します。
    Eメール転送を許可 このオプションを有効にした場合、E メールを転送できます。
    HTML フォーマットを許可

    HTML 形式の E メールを HTML 形式のままデバイスと同期させるかどうかを指定します。

    このオプションを無効にした場合、同期する E メールはすべてプレーン テキスト形式に変換されます。

    スクリーンショットを無効にする このオプションを有効にした場合、デバイス上でスクリーンショットを取ることはできません。
    同期の間隔 同期間隔 (単位: 分) を入力します。
    同期スケジュールのピーク日
    • 同期処理におけるピーク日を指定します。また、[開始時間] および [終了時間] で、選択した日における同期処理の開始/終了時刻を指定します。
    • [ピーク時の同期スケジュール] および [オフピーク時の同期スケジュール] で、同期処理の頻度を指定します。

      • [自動] を選択した場合、更新データが発生するたびに Eメール同期処理が実行されます。
      • [手動] を選択した場合、選択したときにのみ Eメール同期処理が実行されます。
      • 時刻値を選択した場合、設定したスケジュールに基づいて Eメール同期処理が実行されます。
    • 必要に応じて、[SSL の使用][TLS の使用] および [既定のアカウント] を有効にします。
    S/MIME 設定
    [S/MIME を使用] を選択し、 [資格情報] ペイロードで [ユーザー証明書] として関連付ける S/MIME 証明書をここから選択することができます。
    • [S/MIME 証明書] – 使用する証明書を選択します。
    • [暗号化した S/MIME メッセージを要求する] – 暗号化を要求するにはこれを有効にします。
    • [署名済み S/MIME メッセージを要求する] – S/MIME の署名済みのメッセージを要求するには、これを有効にします。

    暗号化に S/MIME 証明書を使用する場合は、[移行ホスト] を入力します。

    [保存] を選択して設定を保存するか、[保存して公開] を選択し、必要なデバイスにプロファイル設定をプッシュします。

  6. [保存] を選択して設定を保存するか、[保存して公開] を選択し、必要なデバイスにプロファイル設定をプッシュします。