Workspace ONE UEM では、E メール インフラストラクチャを保護および管理するために 2 種類の展開モデルを用意しています。それは、プロキシ モデルとダイレクト モデルです。

次の E メール展開モデルのいずれかと、UEM console で定義した E メール ポリシーを使用すると、モバイル デバイスを効率的に管理できます。
  • プロキシ展開モデルでは、Secure Email Gateway (SEG) プロキシ サーバという別のサーバが Workspace ONE サーバと企業のメール サーバの間に配置されます。 このプロキシ サーバが、デバイスからメール サーバへのすべてのリクエストをフィルタし、承認されたデバイスからのトラフィックのみを中継します。このように、モバイル デバイスと直接通信しないため、企業のメール サーバが保護されます。
  • ダイレクト展開モデルでは、プロキシ サーバは関与せず、Workspace ONE UEM がメール サーバと直接通信します。このモデルでは、プロキシ サーバがないため、インストールと構成の手順がよりシンプルになります。
注: プロキシ展開モデルには、Classic と SEG v2 の 2 つのバリアントがあります。SEG V2 プラットフォームの方が確実にパフォーマンスに優れているため、Classic SEG プラットフォームはサポートされなくなりました。SEG V2 プラットフォームは、最小限のダウンタイムで、アップグレード中に既存の SEG サーバにインストールできます。プロファイルの変更やエンドユーザーの操作は必要ありません。
展開モデル 構成モード メール インフラストラクチャ
プロキシ展開モデル

Microsoft Exchange 2010/2013/2016

Exchange Office 365

Microsoft Exchange 2010/2013/2016/2019

Exchange Office 365

IBM Domino w/ Lotus

Gmail

ダイレクト展開モデル - PowerShell

Powershell モデル

Microsoft Exchange 2010/2013/2016/2019

Microsoft Office 365

ダイレクト展開モデル - Gmail

Gmail

注: Workspace ONE UEM でサポートされるのは、メール サーバのプロバイダで現在サポートされているバージョンのサードパーティ メール サーバのみです。プロバイダが使用を中止したサーバ バージョンとの統合は、Workspace ONE UEM ではサポートされないことにご注意ください。