Secure Email Gateway がアクションを実行する UEM Console Workspace ONE UEM Console のセキュリティ分類を選択します。

定義済みのセキュリティ分類のリストから選択することも、独自のカスタム分類を作成することもできます。

手順

  1. [E メール] > [順守ポリシー] > [Eメール セキュリティ ポリシー] の順に進みます。
  2. [E メール セキュリティ分類] 順守ポリシーに対応する [アクティブ] カラムの下にある灰色の丸を選択します。
    キー コードの記載された画面が表示されます。
  3. 対応する欄にキー コードを入力し、[続行] をクリックします。
    ポリシーがアクティブ化され、 [アクティブ] カラムの下の色付きの丸が緑色になります。
  4. [アクション] カラムの下にある [編集] オプションを選択します。
  5. [追加] を選択し、[タイプ] ドロップダウン メニューからタグのタイプを選択します。
    事前定義とカスタムのいずれかを選択できます。
    • タグのタイプとして事前定義を選択する場合は、[セキュリティ分類] ドロップダウン メニューから利用できるタグのリストを取得します。
    • タグのタイプとしてカスタムを選択する場合は、[セキュリティ分類] フィールドに独自のカスタム タグを入力します。
  6. タグの [説明] を入力して [次へ] を選択します。
  7. タグでマークされている/されていない E メールに対して SEG が取るアクションを構成します。[次へ] を選択します。
    E メール クライアントで E メールを許可するかブロックするかを選択します。
  8. [概要] を確認して、[保存] をクリックします。