Exchange ActiveSync プロファイルを作成し、Windows デスクトップ デバイスから貴社の Exchange ActiveSync サーバにアクセスして E メールとカレンダーを使用できるようにします。

注: Workspace ONE UEM は、Exchange ActiveSync プロファイルに Outlook 2016 をサポートしていません。 Workspace ONE UEM を使用した Windows デスクトップ デバイス上の Outlook アプリケーションの Exchange Web Services (EWS) プロファイル構成は、Microsoft Exchange 2016 バージョンではサポートされなくなりました。

手順

  1. [デバイス] > [プロファイル] > [リスト表示] > [追加] の順に進み、[プロファイルを追加] を選択します。
  2. [Windows] を選択し、プラットフォームとして [Windows デスクトップ] を選択します。
  3. [ユーザー プロファイル] を選択します。
  4. プロファイルの [全般] を設定します。
  5. [Exchange ActiveSync] ペイロードを選択します。
  6. Exchange ActiveSync 設定を構成します。
    設定 説明
    メール クライアント

    EAS プロファイルで構成するメール クライアントを選択します。

    Workspace ONE UEM は、ネイティブ メール クライアントをサポートしています。

    アカウント名 Exchange ActiveSync のアカウント名を入力します。
    Exchange ActiveSync ホスト EAS サーバをホストするサーバの URL または IP アドレスを入力します。
    SSL 使用 すべての通信を SSL を通して送信するにはこの設定を有効にします。
    ドメイン

    E メール ドメインを入力します。

    プロファイルでは、参照値を使用して加入ユーザーのログイン情報を自動入力できます。詳細については、ページの下部にある「ユーザー名とパスワード」のセクションを参照してください。

    ユーザー名 E メール ユーザー名を入力します。
    メール アドレス E メール アドレスを入力します。この欄は必須項目です。
    パスワード E メール パスワードを入力します。
    ID 証明書 EAS ペイロード用の証明書を選択します。詳細は「資格情報ペイロードを作成する」を参照してください。
    次の同期間隔 (分)

    デバイスが EAS サーバと同期する頻度を分単位で選択します。

    メールの同期を取りに遡る日数

    過去何日分の E メールをデバイスと同期するかを選択します。

    診断ログ収集 トラブルシューティングのためにログを収集する場合はこれを有効にします。
    ロック時のデータ保護を必須にする デバイス ロック時のデータ保護を必須にするにはこれを有効にします。
    Eメール同期を許可 E メール メッセージの同期を許可します。
    連絡先の同期を許可 連絡先の同期を許可します。
    カレンダーの同期を許可 カレンダーイベントの同期を許可します。
  7. [保存] を選択して Workspace ONE UEM コンソールにプロファイルを保存するか、[保存して公開] を選択してプロファイルをデバイスにプッシュします。