キオスク プロファイルを構成して、Windows デスクトップ デバイスをマルチアプリのキオスク デバイスに変えます。このプロファイルを使用して、デバイスのスタート メニューで表示されるアプリを構成できます。

カスタム XML をアップロードしてキオスク プロファイルを構成するか、またはプロファイルの一部としてキオスクを作成することができます。このプロファイルは、ドメイン アカウントまたはドメイン グループをサポートしていません。ユーザーは、Windows によって作成された組み込みのユーザー アカウントです。

  • サポートされているアプリ
    • .EXE アプリ
      • MSI および ZIP ファイルには、ファイル パスを追加する必要があります。
    • 組み込みアプリ
      • 選択した組み込みアプリは、デザイナーに自動的に追加されます。これらのアプリには、以下が含まれます。
      • ニュース
      • Microsoft Edge
      • 天気予報
      • アラーム & クロック
      • 付箋
      • 地図
      • 電卓やフォト。

手順

  1. [リソース] > [プロファイルとベースライン] > [プロファイル] > [追加] の順に進み、[プロファイルを追加] を選択します。
  2. [Windows] を選択し、次に [Windows デスクトップ] を選択します。
  3. [デバイス プロファイル] を選択します。
  4. プロファイルの [全般] を構成します。
    キオスク プロファイルを構成する前に、割り当てを追加する必要があります。
  5. [キオスク] プロファイルを選択します。
  6. すでにカスタム XML がある場合、[キオスク XML のアップロード] を選択し、設定を完了します。
    設定 説明
    アクセスの構成 XML を割り当てる

    [アップロード]を選択し、割り当てられたアクセス構成 XML を追加します。テキスト ボックスに XML を貼り付けることもできます。

    詳細については、https://docs.microsoft.com/en-us/windows/client-management/mdm/assignedaccess-csp を参照してください。

  7. カスタムの XML がない場合は、[キオスクを作成する] を選択し、アプリのレイアウトを構成します。
    このレイアウトは、グリッド上のデバイスのスタート メニューです。左側に表示されるアプリケーションは、選択した割り当てグループに割り当てられたアプリです。一部のアプリには、右上隅に赤のドットのついた歯車のアイコンがあります。このアイコンは、キオスク レイアウトに追加する際に追加の設定が必要なアプリであることを示します。設定を構成した後に赤のドットは表示されなくなりますが、アイコンは残ります。矢印アイコンを選択して、アプリのサイズを変更できます。クラシック デスクトップ アプリでは、小または中のみを選択できます。
    追加のサポート アプリケーションを必要とするアプリケーションの場合、キオスク プロファイルでは [追加設定] オプションを使用して、これらのサポート アプリケーションの追加をサポートします。たとえば、VMware Horizon クライアントでは、キオスク モードで実行するサポート アプリケーションが最大で 4 つ必要になります。追加の [アプリケーションの実行可能ファイルのパス] を追加して、プライマリ キオスク アプリケーションを構成する場合は、これらの追加のサポート アプリケーションを追加します。
    キオスク プロファイルのために VMware Horizon クライアントが必要とする追加の [アプリケーションの実行可能ファイルのパス] を表示している画像。
  8. スタート メニューに追加するすべてのアプリをセンターにドラッグします。最大で 4 つのアプリのグループを作成できます。これらのグループにより、アプリがスタート メニューにセクションごとに結合されます。
  9. 任意のすべてのアプリとグループを追加した後、[保存] を選択します。
  10. キオスク プロファイル画面で、[保存して公開] を選択します。
    プロファイルに含まれるすべてのアプリがインストールされるまで、プロファイルはデバイス上にインストールされません。デバイスがプロファイルを受信すると、デバイスが再起動され、キオスク モードで実行されます。デバイスからプロファイルを削除すると、デバイスのキオスク モードが無効になり、再起動され、キオスク ユーザーが削除されます。