Exchange Web Service を作成し、エンド ユーザーがデバイスから企業 Eメール インフラストラクチャと Microsoft Outlook アカウントにアクセスできるようにします。

前提条件

重要: 初回構成時にはデバイスが内部 Exchange サーバにアクセスできる必要があります。

手順

  1. [リソース] > [プロファイルとベースライン] > [プロファイル] > [追加] の順に進み、[プロファイルを追加] を選択します。
  2. [Windows] を選択し、次に [Windows デスクトップ] を選択します。
  3. [ユーザー プロファイル] を選択します。
  4. プロファイルの [全般] を構成します。
  5. [Exchange Web Service] プロファイルを選択し、以下を構成します。
    設定 説明
    ドメイン エンド ユーザーが属する Eメール ドメイン名を入力します。
    Eメール サーバ Exchange サーバの名前を入力します。
    メール アドレス Eメール アカウントのアドレスを入力します。
  6. 構成完了後、[保存して公開] を選択し、プロファイルをデバイスにプッシュします。
    Exchange Web Service プロファイルを削除するとすべての Outlook アカウントがデバイスから削除されます。