Windows デスクトップ デバイスのファイアウォール(レガシー)プロファイルを使用して、デバイスの Windows ファイアウォール設定を構成します。新しいプロファイルで新しい Windows 機能を使用する場合は、Windows デスクトップ用の新しいファイアウォール プロファイルの使用を検討してください。

前提条件

重要: ファイアウォール プロファイルを使用するには、 Workspace ONE Intelligent Hub がデバイス上にインストールされている必要があります。

手順

  1. [リソース] > [プロファイルとベースライン] > [プロファイル] > [追加] の順に進み、[プロファイルを追加] を選択します。
  2. [Windows] を選択し、次に [Windows デスクトップ] を選択します。
  3. [デバイス プロファイル] を選択します。
  4. プロファイルの [全般] を構成します。
  5. [ファイアウォール (レガシー)] ペイロードを選択します。
  6. [Windows 推奨設定を使用する] を有効にして、Windows 推奨設定を使用し、このプロファイルで利用可能な他のオプションをすべて無効にします。自動的に推奨設定に変更され、自身で変更することはできません。
  7. [ プライベート ネットワーク] を構成します。
    設定 説明
    ファイアウォール 有効にすると、デバイスがプライベート ネットワーク接続に接続されている場合に、ファイアウォールを使用します。
    許可済みのアプリ リストの項目を含む、すべての受信接続をブロックする 有効にすると、すべての受信接続をブロックします。この設定では、送信接続は許可されます。
    Windows のファイアウォールが新しいアプリをブロックした場合にユーザーに通知する 有効にすると、Windows のファイアウォールが新しいアプリをブロックした場合に通知を表示します。
  8. [パブリック ネットワーク] を構成します。
    設定 説明
    ファイアウォール 有効にすると、デバイスがプライベート ネットワーク接続に接続されている場合に、ファイアウォールを使用します。
    許可済みのアプリ リストの項目を含む、すべての受信接続をブロックする 有効にすると、すべての受信接続をブロックします。この設定では、送信接続は許可されます。
    Windows のファイアウォールが新しいアプリをブロックした場合にユーザーに通知する 有効にすると、Windows のファイアウォールが新しいアプリをブロックした場合に通知を表示します。
  9. 構成完了後、[保存して公開] を選択し、プロファイルをデバイスにプッシュします。