Windows Hello は、パスワードの使用に代わる、別のセキュリティ対策を提供します。Windows Hello プロファイルを使用して、Windows デスクトップ デバイスに対して Windows Hello for Business を構成すると、エンド ユーザーは、パスワードを送信しなくてもデータにアクセスできるようになります。

デバイスとアカウントをユーザー名とパスワードで保護することにはセキュリティ上の弱点が含まれています。ユーザーがパスワードを忘れたり、パスワードを社外のユーザーに教えたりする可能性があるということは、貴社の企業データがリスクにさらされているということになります。Windows 10 デバイスは、Windows Hello を使用して、パスワードを送信することなくユーザーをアプリケーション/Web サイト/ネットワークにセキュアに認証します。ユーザーがパスワードを記憶する必要はありません。さらに MITM (man-in-the-middle) のような攻撃により貴社セキュリティが侵害されるリスクを軽減することができます。

Windows Hello は、はじめにユーザーに Windows 10 デバイスの登録を求めます。次に、PIN (暗証番号) または Windows Hello (生体認証) による認証を行います。Windows Hello による認証後すぐに、デバイスから Web サイト、アプリケーション、ネットワークにアクセスできます。

重要: Windows Hello for Business を使用するには、Azure AD 統合が動作している必要があります。