プロダクト プロビジョニングを使用すると、管理者は、Workspace ONE ™ UEM を使用してプロファイル、アプリケーション、ファイル/アクション、または(使用されるプラットフォームによっては)イベント アクションを含むプロダクトを作成することができます。これらのプロダクトは、決められた一連の規則、スケジュール、依存関係をガイドラインとして使用し、必要なコンテンツの最新版を貴社のデバイスに届けます。

プロダクト プロビジョニングの対象には、リレー サーバも含まれています。これらのリレー サーバは FTP(S) サーバであり、デバイスと UEM コンソールを仲介する役割を担っています。このようなサーバを作成して、各店舗や倉庫などでプロダクトのコンテンツをデバイスに配布可能な状態に維持しておくことができます。

詳細については、プロダクト プロビジョニングのドキュメントを参照してください。