Workspace ONE UEM によってユーザー加入デバイスにインストールされたアプリケーションは管理され、管理対象 Apple ID に関連付けられます。管理対象 Apple ID は、デバイスの加入に使用されます。ユーザーが App Store を通じてインストールしたあらゆるアプリケーションは、ユーザーの個人用の Apple ID に関連付けられ、管理できません。

ユーザー加入では、管理アプリケーションを管理対象 Apple ID に関連付ける必要があるので、Apple Business Manager で購入したユーザーベース ライセンスを使用した管理対象の配布のみがサポートされています。たとえば、UEM Console の [アプリとブック] > [ネイティブ] ページにある [パブリック] タブを通じてアプリケーションは、ユーザー加入デバイスではサポートされていません。デバイス加入と比較して、ユーザー加入でのユーザーベース ライセンスの管理には違いはありません。ユーザー加入デバイスにアプリケーションが割り当てられると、デバイスに関連付けられている管理対象 Apple ID に VPP ライセンスが割り当てられ、アプリがインストールされます。

詳細については、『Integration with Apple Business Manager』ガイドの「Managed Distribution by Apple IDs」セクションを参照してください。