iOS 更新の管理は、個々のデバイス レベルで実行することができます。この直接的なアプローチにより最新の更新とその機能が管理対象デバイス全体に適用されるます。[デバイス] > [リスト表示] > [デバイスを選択] > [更新] の順に移動して、個々のデバイスにこれらの更新を展開して監視できます。

デバイスへの iOS 更新の公開

選択したデバイスに特定の更新を公開するには、次の手順を実行します。
  1. [更新] タブを選択して、使用可能な OS 更新の詳細のスナップショットを表示します。
  2. OS の更新名を選択して、[公開] を選択します。[更新] ページが表示されます。
  3. 推奨される [デバイスのインストール方法] を選択します。
    注: 更新の割り当ての [ダウンロード/インストール] オプションを選択すると、デバイス上の OS 更新のステータスに基づいてダウンロードまたはインストール アクションのいずれかが実行されます。

    OS アップデートがすでにダウンロードされている場合は、OS 更新がインストールされます。ただし、OS 更新がまだダウンロードされていない場合、代わりにダウンロードがトリガされます。ダウンロードが完了した後、コマンドを再度送信して、インストールをトリガします。

  4. [送信] を選択して、OS 更新をデバイスに公開します。
  5. [更新の進行状況をクエリ] を選択して、更新の最新の状態を確認します。
注: これは、デバイスに割り当てられた iOS 更新には影響しません。割り当てられた iOS バージョン以降のバージョンになるまで、すべての割り当ては引き続きデバイスに公開されます。

iOS 更新の状態を追跡する

iOS 更新の状態は、手動で公開するか、更新をデバイスに割り当てることによって、UEM console から更新をスケジュールするまで表示されません。iOS デバイスで更新が手動でダウンロードされた場合、その更新の状態は [更新] リストビューに表示されません。管理者が更新をスケジュールすると、UEM console の状態が更新されます。更新が手動でインストールされている場合、この更新はデバイスの詳細表示と概要に反映されます。

トラブルシューティング

すべてのコマンドと応答は、イベント データに表示されます([デバイスの詳細 > その他 > トラブルシューティング] タブの順に移動)。