アクティベーション ロックは、iOS 7 以降を搭載するデバイスのためのセキュリティ機能で、Apple の 「iPhone を探す」 機能を使用します。この機能を利用すると、紛失したデバイスや盗難にあったデバイスを、承認されていない人物が簡単に使用することができなくなります。

アクティベーション ロックが有効になっている場合、デバイスのロックを解除するには、エンドユーザーの Apple ID とパスワードが要求されるからです。デバイスがワイプされた場合や、DFU モードなどを使用して工場出荷状態にリセットされた場合でも同様です。iOS の機能であるアクティベーション ロックの詳細については、Apple のサポート記事 「「iPhone を探す」のアクティベーション ロック」 を参照してください。

前提条件

アクティベーション ロック機能を使用するには、デバイスが以下の条件を満たしている必要があります。

  • 有効な Apple ID とパスワードが割り当てられている
  • 「iPhone を探す」 が有効になっている

監視対象と非監視対象でのアクティベーション ロックの違い

アクティベーション ロックでデバイスを管理できる範囲は、デバイスが監視対象であるか非監視対象であるかに応じて異なります。次の表は、この違いをまとめたものです。

非監視対象 監視対象
  • エンドユーザーが 「iPhone を探す」 設定を有効にする必要がある。
  • 特定のデバイスでアクティベーション ロックが有効になっているかどうかを管理者が表示できる。
  • デバイス ワイプ コマンドの実行時、アクティベーション ロックが有効なデバイスは元の Apple ID とパスワードがないと再アクティブ化できないことを通知する警告に対して、管理者が承諾する必要がある。[*]
  • 管理者がアクティベーション ロックを有効にすることができる。これによって自動的に 「iPhone を探す」 設定が有効になる。
  • 特定のデバイスでアクティベーション ロックが有効になっているかどうかを管理者が表示できる。
  • 管理者は、以下に記載されている 3 つの方法のいずれか を使用してアクティベーション ロックを解除できる。
[*]デバイスを再アクティブ化するために以前の所有者の Apple ID を削除する方法については、Apple のサポート記事 「「iPhone を探す」のアクティベーション ロックを無効にする」 を参照してください。