管理者は Apple Global Service Exchange (GSX) を利用することにより、表示モデル名、デバイス購入、および保証状態に関するデバイス詳細情報を、UEM コンソールに直接表示できます。

組織グループ内のデバイスでモデル名の表示がないものが存在する場合、デバイス向けに組織グループレベルで構成された GSX 情報を使用して名前を検索し更新するためにタイムスケジューラを定期的に実行します。

承認された Apple 社の従業員または Apple 社の Self-Servicing Account Program に登録済みの組織のみが、GSX 情報にアクセスできます。

GSX アカウントを作成する

GSX アカウントを AirWatch 環境に統合するには、事前に Apple GSX アカウントを作成しておく必要があります。GSX アカウントを作成するには、Apple とサービス契約を結ぶ必要があります。Apple の営業担当者に連絡し、GSX の詳細について理解してください。

GSX アカウントを作成するには、http://www.apple.com/support/programs/ssa/ にアクセスします。

AppleCare GSX を統合するための Apple 証明書を取得する

Workspace ONE UEM 展開に AppleCare GSX を統合するには、まず Apple 証明書を取得した後、.p12 フォーマットに変換する必要があります。

詳細は、「AppleCare GSX を統合するための Apple 証明書を取得する」 を参照してください。

UEM コンソールで AppleCare を構成する

Apple 証明書を取得して構成したら、UEM コンソールに証明書をアップロードするとともに、AppleCare インスタンスを構成する必要があります。

詳細は、「UEM コンソールで AppleCare GSX を構成する」 を参照してください。