macOS コンピュータ上で Apple Configurator を使用してデバイスの一括加入処理を実行し、iOS デバイスを構成し展開することができます。Apple Configurator と Workspace ONE UEM を組み合わせて使用した場合、デバイス管理における可視性を維持し、バックアップ防止を徹底的に実施し、初期構成だけでなくライフサイクル全体を管理することができます。

Apple Configurator を使用して以下を行うことができます。

  • 一元管理された一つのバックアップ 「イメージ」 を準備し、すべてのデバイスをまったく同じように構成する
  • 構成の一環として Workspace ONE UEM MDM をインストールし、デバイスを加入/管理する
  • Apple Configurator でデバイスを加入する前に、UEM コンソール上で登録済みデバイス詳細情報 (シリアル番号、IMEI など) をユーザーの登録済みデバイスに追加し、デバイスを特定のユーザーに割り当てる
  • Workspace ONE UEM でワイヤレス接続を使用して企業デバイスの設定とアプリを構成/更新する

Apple Configurator と Workspace ONE UEM を組み合わせて使用するための手順または詳細情報は、「[VMware Workspace ONE UEM][ Integration with Apple Configurator]」ドキュメント。