Web ベースの加入プロセスを実行してデバイスを加入させることができます。iOS デバイスを加入させるには、ビルトインの Safari ブラウザを使用します。ユーザーが Apple ID を持っていないために Workspace ONE Intelligent Hub をダウンロードできない場合は、この加入方法が最適です。

Web ベースの加入プロセスを使用して iOS デバイスを加入させるには、以下の手順を実行します。

手順

  1. iOS デバイス上で Safari ブラウザを開きます。
  2. [https://<Environment_URL>.com/enroll] を開きます。
  3. (環境に自動検出が設定されている場合)[グループ ID] または [メール アドレス] を選択して、iOS デバイスを加入させます。[次へ] を選択します。
  4. 資格情報を入力し、デバイスを認証させます。資格情報は、[ユーザー名][パスワード] の組み合わせ、[トークン]、ユーザー名/パスワードとトークンの組み合わせ、のいずれかです。
    1. 資格情報を誤って入力すると、CAPTCHA コードが表示されます。表示されている CAPTCHA コードを入力し、認証を完了させます。
  5. 管理者によって決められた次のプロセスフローを実行します。各ページでの設定が完了したら、[次へ] を選択します。
    1. 必要に応じて、[デバイス所有形態] タイプを選択します。
    2. 必要に応じて、デバイス [アセット番号] を入力します。
    3. 必要に応じて、組織の [利用規約] に同意します。
  6. プロンプトが表示されたら、MDM プロファイルをダウンロードします。次のメッセージが表示されます。
    この Web サイトは構成ファイルをダウンロードしようとしています。許可しますか?
  7. [許可] をタップし、ダウンロードが完了したら [閉じる] をタップします。
    プロファイルのインストールが正常に完了しました。 [設定] でプロファイルを確認して、インストールを続行できます。
  8. MDM プロファイルをダウンロードし、インストールします。必要に応じて、信頼に関するプロンプトを受け入れます。
    • iOS 12.2 より前のデバイスの場合、MDM プロファイルのインストールを要求された場合、インストールします。MDM 警告メッセージが表示されるので、[インストール] を選択します。
    • iOS 12.2 以降のデバイスの場合は、画面の指示に従って、MDM プロファイルをインストールし、MDM 警告メッセージが表示されたら、[インストール] を選択します。
    注: Web ベースの加入では、 Workspace ONE Intelligent Hub を使用せずに、エージェントなしの加入を実行することもできます。エージェントなしの加入を実行するには、 [グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [全般] に進み、 [iOS の Hub の加入を必須とする] チェック ボックスにチェックが入っていないことを確認します。