Apple の iBeacon を Workspace ONE Intelligent Hub v5.1 以降と併用することにより、デバイスの位置情報を管理できます。iBeacon は、BLE (Bluetooth Low Energy) 規格に基づいており、ジオフェンス機能を使用した場合よりも効率的にデバイスを追跡できます。

BLE では、デバイスのバッテリがほとんど消費されません。また iBeacon を使用した場合、複数のエリアを同時に監視できるので、より正確な追跡が可能になります。これにより、エンドユーザーのプライバシー保護が強化されます。デバイスは、常時追跡されるのではなく、特定のエリアに入ったときまたは特定のエリアから出たときにのみ追跡されるためです。

サードパーティ製 iBeacon をセットアップした後、UEM コンソールで iBeacon を構成します。次に、モニタリングする iBeacon エリアを作成します。最後に、iBeacon 機能に対応したデバイス プロファイルをプッシュし、Workspace ONE Intelligent Hub を使用して構成済みエリア内の iBeacon を管理します。これらのエリアに入ったデバイスを検出できます。また、デバイス イベント ログを使用して、iBeacon エリア内で発生した変化を特定することができます。

iBeacon の要件

  • Workspace ONE UEM コンソール v8.1 以降
  • サードパーティ製 iBeacon
  • iOS 向け Workspace ONE Intelligent Hub v5.1 以降
  • デバイスの位置情報サービスを有効にする必要があります
  • Bluetooth 機能を有効にする必要があります
  • iPhone 4S 以降、iPad mini 以降、iPad 第 3 世代以降、iPod touch 第 5 世代以降

iBeacon の操作の詳細

  • 最大 20 個のエリア (ジオフェンスおよび iBeacon グループ) をデバイスに割り当てることができます。これは、Apple が許容している最大値です。デバイスに割り当てる iBeacon グループの数が多い場合、デバイスのバッテリ使用量が増えます。
  • Workspace ONE Intelligent Hub は iBeacon の監視のみ行います。デバイスが iBeacon 送信機に接近していることを検知する技術は使用されていません。
  • あるデバイスが iBeacon グループから除外される前に Workspace ONE Intelligent Hub が強制終了された場合、Workspace ONE Intelligent Hub が再起動するまでそのデバイスは検出されません。