組織の展開に配置されている各デバイスが Workspace ONE UEM と通信して組織内のコンテンツと機能にアクセスするには、モバイル デバイス管理 (MDM) を使用して、組織の環境に加入する必要があります。iOS デバイスは、ネイティブ OS に組み込まれている MDM 機能を使用して加入を行います。

加入要件

iOS デバイスを加入させるには、管理者またはエンドユーザーが特定の情報を収集する必要があります。エンドユーザーが必要とする情報は、管理者が自動検出を行うために Eメール ドメインを貴社環境に関連付けているかどうかによって異なります。

貴社の Eメール ドメインを AirWatch 環境に関連付けるには、エンドユーザーが Eメール アドレスと資格情報を入力する (場合によってはリストからグループ ID を選択する) 必要があります。これらはエンドユーザーにとって既知の情報なので、簡単に加入を行うことができます。

加入の際に Eメール ドメインを設定しない場合は、加入の URL とグループ ID も入力を要求されます。これらは、管理者がエンドユーザーに提供します。

加入要件の詳細については、iOS デバイスを加入させるための要件を参照してください。

1 台のデバイスの加入

加入したデバイスに対して実行できるデバイス管理機能は、選択した加入タイプによって異なります。Workspace ONE UEM では、Hub ベースの加入方法と Agent なしの加入方法のそれぞれにおいて利用可能な機能を示したマトリックスが用意されています。貴社のニーズを満たす加入方法を選ぶ際に、このマトリックスをお役立てください。

Hub ベースの加入とブラウザ ベースの加入の比較マトリックスについては、iOS デバイスにおける加入タイプ別の利用可能な機能一覧を参照してください。

Hub ベースの加入

Workspace ONE Intelligent Hub アプリを使用した Hub ベースの加入処理を実行すると、iOS デバイスと Workspace ONE UEM 環境の間の接続が確立されます。Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションを使用することで加入プロセスを簡素化することができます。また、デバイスをリアルタイムで管理したりデバイス情報にアクセスしたりすることもできます。Hub ベースの加入は、ユーザーが使用可能な Apple ID を持っている場合に適しています。この場合、ユーザーは App Store から Workspace ONE Intelligent Hub をダウンロードします。

ハブ ベースの加入の詳細については iOS 向けおよびを使用した iOS デバイスの加入処理を参照してください。

ブラウザベースの加入

iOS デバイスに搭載されている Safari ブラウザを使用することにより、ウェブベースの加入プロセスを実行してデバイスを加入させることもできます。ユーザーが Apple ID を持っていないために Workspace ONE Intelligent Hub をダウンロードできない場合は、この加入方法が最適です。

ブラウザ ベースの加入の詳細については、Safari ブラウザを使用した iOS デバイスの加入処理を参照してください。

デバイスの一括加入

展開タイプとデバイスの所有権モデルに応じて、デバイスを一括加入することができます。Workspace ONE UEM は、Apple Configurator 2 および Apple Business Manager のデバイス登録プログラム (DEP) を使用した一括加入機能を備えています。

Apple Configurator 2 による一括加入

Workspace ONE UEM では、Apple Configurator 2 独自のセットアップ機能を業務に活かすことができます。たとえば、iOS のバージョン管理機能やバックアップを完全に防止する機能などです。macOS コンピュータ上で Apple Configurator 2 を使用して、USB 接続を通じてデバイスの一括加入処理を実行することができます。

Apple Configurator を使用した一括加入の詳細については、Apple Configurator を使用した iOS デバイスの一括加入を参照してください。

Apple デバイス登録プログラム (DEP) による一括加入

Apple デバイス登録プログラム (DEP) による一括加入を展開すると、削除不可能な MDM プロファイルをデバイスにインストールできます。エンドユーザーは、このプロファイルをデバイスから削除することはできません。また、デバイスを監視モードでプロビジョニングして、追加のセキュリティ設定および構成設定にアクセスできます。

Apple Business Manager を使用した加入の詳細については、Apple Business Manager のデバイス登録プログラム (DEP) を使用したデバイス加入を参照してください。