作業の多くを実行するには、次の情報が必要です。管理作業を行う前にこれらのものを用意してください。

  • [UEM console] – UEM console に管理者権限でアクセスできる必要があります。これにより、プロファイルとポリシーを作成することや、Workspace ONE UEM 環境内のデバイスを管理することができます。

  • [資格情報] – このユーザー名とパスワードを使用することによって、UEM コンソール環境にアクセスできます。資格情報は、ネットワーク ディレクトリ サービスの資格情報と同じ場合も、UEM コンソールで一意に定義されている場合もあります。
  • [Apple プッシュ通知サービス (APNs) 証明書] – この証明書は組織に対して発行されるものであり、Apple のクラウド メッセージング サービスの利用を許可するものです。