すべての Wi-Fi 接続において、iOS 7 以降を搭載した監視モードのデバイスから送信されたトラフィックを指定プロキシ サーバにルーティングするには、グローバル HTTP プロキシを構成します。たとえば学校の場合、すべてのウェブ閲覧トラフィックがその学校のウェブ コンテンツ フィルタにルーティングされるように、グローバル プロキシを構成することができます。

手順

  1. [デバイス] > [プロファイルとリソース] > [プロファイル] > [追加] の順に進みます。[Apple iOS] を選択します。
  2. プロファイルの [全般] 設定を構成します。
  3. リストで [グローバル HTTP プロキシ] ペイロードを選択します。
  4. プロキシ設定を構成します。
    設定 説明
    プロキシのタイプ プロキシ構成として、[自動] または [手動] のいずれかを選択します。
    プロキシ サーバ プロキシ サーバの URL を入力します。この項目が表示されるのは、[プロキシ タイプ][手動] を選択した場合です。
    プロキシ サーバ ポート プロキシとの通信に使用するポートを入力します。この項目が表示されるのは、[プロキシ タイプ][手動] を選択した場合です。
    プロキシのユーザー名/パスワード プロキシが資格情報を必要とする場合、参照値を使用して認証方法を定義することができます。この項目が表示されるのは、[プロキシ タイプ][手動] を選択した場合です。
    キャプティブネットワークにアクセスする際のプロキシのバイパスを許可する

    デバイスがプロキシ設定をバイパスして既知のネットワークにアクセスすることを許可するにはこのボックスにチェックを入れます。この項目が表示されるのは、[プロキシ タイプ][手動] を選択した場合です。

    プロキシ PAC ファイル URL プロキシ PAC ファイルの URL を入力し、設定を自動で適用します。この項目が表示されるのは、[プロキシ タイプ][自動] を選択した場合です。
    PAC が到達不能な場合、直接接続を許可する PAC ファイルが到達不能な場合は iOS デバイスにプロキシサーバのバイパスを許可するにはこのオプションを選択します。この項目が表示されるのは、[プロキシ タイプ][自動] を選択した場合です。
    キャプティブネットワークにアクセスする際のプロキシのバイパスを許可する デバイスがプロキシ設定をバイパスして既知のネットワークにアクセスすることを許可するにはこのボックスにチェックを入れます。この項目が表示されるのは、[プロキシ タイプ][自動] を選択した場合です。
  5. [保存して公開] を選択します。