Apple と Cisco は、Cisco の QoS ファストレーン ネットワークを使用して、企業ネットワーク上の iOS デバイスにおけるアプリケーションと音声のエクスペリエンスを向上させる取り組みを共同で進めています。Workspace ONE UEM を使用することにより、データを優先的に割り当てたいオーディオ アプリケーションおよびビデオ アプリケーションを選択できます。

Workspace ONE UEM MDM では、Cisco インフラストラクチャを使用しているお客様は、次のことができます。

  • Cisco QoS ファストレーン ネットワークの使用を有効化/無効にする。
  • アプリケーションをホワイトリスト設定し、L2 マーキングおよび L3 マーキングの利点を活かす。
  • Wi-Fi ネットワークに送信される組み込みサービス (例: FaceTime、Wi-Fi 通話) 用トラフィックに対して、L2 マーキングおよび L3 マーキングを有効にする。

アプリケーションに対して Cisco QoS マーキングを構成する手順については、Wi-Fi プロファイルを作成する を参照してください。