管理者は、設定プロファイルを使用して Apple が更新をリリースしたときから最大 90 日間、iOS の更新を延期させることができます。

iOS 更新を延期するには、次の手順を実行します。

手順

  1. [リソース] > [ プロファイルとベースライン] > [プロファイル] > [追加] の順に選択します。
  2. [Apple] > [ iOS] の順に選択し、[Restrictions] 設定を構成します。
  3. [OS 更新の制限] サブセクションから [アップデートを延期(日数)] を選択します。
  4. 延期更新を制限し、ソフトウェアの更新を延期する日数を指定します。日数は 1 ~ 90 日の範囲です。日数は、ソフトウェアの更新がリリースされてからの期間です。プロファイルをインストールしてからの期間ではありません。