Workspace ONE UEM で、社内のデバイス全体を管理し、特定のデバイス セットに対して機能を実行できます。

モニタを使用してデータ フローを調査できます。また、デバイス ダッシュボードで貴社の展開の詳細を確認できます。デバイスをグループ化し、[デバイス リスト表示] を使用してカスタマイズされたリストを作成できます。

また、レポートを生成し、タグを使用してデバイスを簡単に識別することもできます。さらに、セルフサービス ポータル (SSP) をセットアップして、エンド ユーザーが自分自身でデバイスを管理できるようにすることで、ヘルプ デスク担当者の負担を軽減できます。詳細については、「Self-Service Portal Into Workspace ONE UEM」を参照してください。

デバイス ダッシュボード

デバイスを加入させている場合、Workspace ONE UEM の [デバイス ダッシュボード] でそれらのデバイスを管理できます。

デバイス ダッシュボード では、デバイス全体の概要情報を確認できます。また、個別のデバイスにすばやく処理を実行することができます。所有形態タイプや順守状況、プラットフォーム、OS の内訳といった、デバイスに関連する統計情報をグラフで表示します。デバイス ダッシュボード から使用可能なデータ ビューを選択すると、示されているカテゴリに属する各デバイス セットにアクセスできます。

この リスト表示 から、メッセージ送信、デバイス ロック、デバイス削除や、デバイスに関連付けられているグループの変更といった様々な管理操作を行います。

  • セキュリティ – 主要なセキュリティ上の問題に関して、デバイスの状況を表示します。ドーナツ グラフを選択すると、そのセキュリティ上の問題に基づいたフィルタを適用した デバイス リスト が表示されます。セキュリティ上の問題があるデバイスに対し対応措置を取るような順守ポリシーを構成することができます (プラットフォームがサポート対象に含まれる場合)。
    • 侵害状態 – 貴社展開における侵害状態 (ジェイルブレイク状態またはルート化) デバイスの数と割合を表示します。
    • パスコードなし – セキュリティのためのパスコードが構成されていないデバイスの数と割合を表示します。
    • 暗号化されていない状態 – セキュリティのための暗号化が行われていないデバイスの数と割合を表示します。レポートされている数には、Android SD カードの暗号化は含まれていません。このドーナツグラフに含まれるのはディスク暗号化されていない Android のみです。
  • 所有形態 – デバイス数を所有形態カテゴリ別に表示します。棒グラフの一部を選択すると、所有形態に基づいたフィルタを適用した デバイス リスト を表示します。
  • 最後に確認された概要/最後に確認された内訳 – Workspace ONE UEM MDM サーバと最近通信を行ったデバイス数と割合を表示します。たとえば、いくつかのデバイスを 30 日間以上確認できない場合、対応する棒グラフを選択してそれらのデバイスだけを表示します。このようなフィルタリングされたデバイスをすべて選択してクエリ コマンドを送信することで、デバイスがチェックインできるようになります。
  • プラットフォーム – デバイス プラットフォーム カテゴリごとにデバイス数の合計を表示します。いずれかのグラフを選択すると、選択したプラットフォームに基づいたフィルタを適用した デバイス リスト が表示されます。
  • 加入 – 加入カテゴリごとにデバイス数の合計を表示します。いずれかのグラフを選択すると、選択した加入状態に基づいたフィルタを適用した デバイス リスト が表示されます。
  • OS 詳細 – 貴社の全デバイスの OS による内訳を表示します。サポートされている OS ごとに個別のグラフがあります。いずれかのグラフを選択すると、選択したバージョンの OS に基づいたフィルタを適用した デバイス リスト が表示されます。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon