Workspace ONE IntelligenceWorkspace ONE UEM API 通信認証情報を入力して、Workspace ONE UEM API サーバを使用した他のサードパーティ サービスとの通信を可能にし、[自動化] を実現します。

前提条件

Workspace ONE UEM Console で API キーを生成します。 Workspace ONE UEM での通信用 API キーの生成 にアクセスします。

手順

  1. Workspace ONE Intelligence のユーザー インターフェイスにアクセスします。
  2. [設定] > [統合] > [自動化の接続] の順に移動します
  3. [Workspace ONE UEM API] プロセスの [セットアップ] を選択します。
  4. [資格情報を提供] を選択して、設定します。
    設定 説明
    ベース URL

    Workspace ONE UEM REST API の URL を入力し、エントリにプロトコル (https://) を含めます。

    API ユーザー名 自動化のために作成した特定の管理者のユーザー名を入力します。
    API ユーザーのパスワード 管理者のパスワードを入力します。
    Workspace ONE UEM テナント コード REST API 通信を有効にしたときに Workspace ONE UEM Console で生成された API キーを入力します。

次のタスク

ワークフローWorkspace ONE UEM アクションを構成します。 Slack または ServiceNow を使用する場合は、ワークフローでそれらのアクションを使用できるように、それらを登録します。