Workspace ONE UEM で管理される基本およびディレクトリベースの管理者を、Workspace ONE Intelligence のロール ベースのアクセス制御 (RBAC) のために追加するには、管理者が Workspace ONE IntelligenceWorkspace ONE UEM からアクセスできるように設定を構成します。

このプロセスには、Workspace ONE UEMWorkspace ONE Intelligence の両方の構成が含まれます。Workspace ONE UEM で管理者を追加または編集して、<Intelligence Admin> ロールをそれらの管理者に割り当てます。その後、新しい RBAC 管理者が Workspace ONE Intelligence コンソールにログインして、[アクセスを要求] 通知プロセスを使用してアクセスを要求する必要があります。管理者の要求がシステムから E メールで送信され、Workspace ONE Intelligence で権限を付与して RBAC アカウントを構成するように E メールで求められます。

手順

  1. Workspace ONE UEM Console で、管理者が Workspace ONE Intelligence にアクセスするためのロールを追加します。
    1. 組織グループを選択します。
    2. [アカウント ] > [管理者] > [役割] > [役割を追加] の順に移動します。
    3. 名前と説明を入力して、リスト表示でロールを見つけます。
      インテリジェンス管理 - WS1 Intelligence console へのアクセス権を基本管理者に付与します。
    4. [検索リソース] テキスト ボックスに Intelligence と入力して、インテリジェンス ロールを表示します。
      このロールは [カテゴリ] > [モニター] > [ インテリジェンス] にあります。
    5. 管理者に [読み取り][ 編集 ] 権限を付与します。
    <Intelligence Admin> ロールが Workspace ONE UEM で利用可能になり、管理者に割り当てることができるようになりました。
  2. Workspace ONE UEM Console で、管理者を追加し、[インテリジェンス] ロールを割り当てます。
    1. [アカウント] > [管理者] > [リスト表示 ] > [追加] > [管理者を追加] に移動します。
    2. [ベーシック] タブの下の、[ユーザー タイプ] 項目で、[ベーシック] または [ディレクトリ] を選択します。
      • [ベーシック]
        • ユーザー名、パスワード、名字、名前など、[ ベーシック ] タブに必要な設定を入力します。
        • 配信方法に Eメールか SMS を選択する場合に [二要素認証 ]を有効にし、トークンの有効期限を数分に設定できます。
        • [通知] オプションを選択して、なし、E メール、SMS から選択することもできます。管理者は自動生成された応答を受信します。
      • [Directory]

        管理者のディレクトリ資格情報の [ドメイン][ユーザー名] を入力します。

    3. [役割] タブを選択し、[組織グループ] を選択して、以前に追加した <Intelligence Admin> を入力します。
  3. 管理者に、Workspace ONE Intelligence にログインして [アクセスを要求] プロセスを完了するように求めます。

    [制限付きアクセス] 画面の [アクセスを要求] ボタンを選択すると、エントリを承認するために、現在アクティブであり [管理者] ロールが割り当てられている Console 内の 10 人の管理者にシステムから E メール通知が送信されます。

    ユーザーがすでにアクセスを要求している場合に [アクセスを要求] を選択すると、以前の要求についてユーザーに表示されますが、ユーザーは別の要求を送信できます。

  4. E メールを確認して [管理者アクセス要求] 通知を見つけます。
    [ユーザーを管理する] ボタンを使用して、 Workspace ONE Intelligence console に移動できます。
  5. Workspace ONE Intelligence で、アクセス権を付与し、管理者権限を構成します。
    1. [設定] > [管理者] > [管理 [タブ]] の順に移動し、リストから管理者を選択して [編集] を選択します。
    2. 該当する権限を選択し、管理者アカウントを保存します。
    Workspace ONE UEM管理者は Workspace ONE Intelligence にアクセスできるようになりました。