Workspace ONE でのデバイスの直接加入は、AirWatch 管理コンソール上の組織グループ (OG) の [加入] > [制限] ページで有効にします。

このタスクについて

Workspace ONE の直接加入を有効にすると、初めてログインする資格のあるデバイスが直接加入されます。直接加入の対象とならないデバイスには、Workspace ONE 登録済みの状態でのモバイル アプリケーション管理専用アクセスが許可されます。

手順

  1. AirWatch 管理コンソールで、Workspace ONE の直接加入を有効にする組織グループを選択します。
  2. グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [全般] > [加入 に移動し、制限 タブを選択します。
  3. [現在の設定] では、必要に応じて 上書き を選択します。
  4. [Workspace ONE の管理要件] にスクロールし、構成オプションを選択します。

    設定

    説明

    Workspace ONE には MDM が必要

    有効にすると、資格のあるデバイスとユーザーは Workspace ONE にログイン後すぐに加入するように要求されます。

    割り当てられるユーザー グループ

    [すべてのユーザー] がデフォルトのユーザー グループです。直接加入プロセスに含める特定のユーザー グループを選択できます。

    iOS

    iOS デバイスを含めることを許可します。無効にすると、iOS デバイスを直接加入する資格は与えられません。無効の場合でも、管理されていない状態で AirWatch にデバイスを登録できます。

    Android Legacy

    Android Legacy デバイスを含めることを許可します。無効にすると、Android Legacy デバイスを直接加入する資格は与えられません。無効の場合でも、管理されていない状態で AirWatch にデバイスを登録できます。

    Android Enterprise

    Android Enterprise デバイスを含めることを許可します。無効にすると、Android Enterprise デバイスを直接加入する資格は与えられません。無効の場合でも、管理されていない状態で AirWatch にデバイスを登録できます。

  5. 保存 をクリックします。
  6. Workspace ONE でサポートされる加入オプションを使用して加入タブの設定を続けます。Workspace ONE 直接加入の構成オプションを参照してください。

    Workspace ONE の直接加入の設定の詳細については、『VMware AirWatch Mobile Device Management Guide』の「デバイス加入」の章を参照してください。