VMware Tunnel のアプリケーション単位のトンネル コンポーネントを構成してインストールした後、Android VPN プロファイルを構成し、プロファイルにバージョンを追加することができます。

手順

  1. AirWatch 管理コンソールで、デバイス > プロファイル > プロファイルを追加 に移動し、Android または Android for Work を選択します。
  2. Android 版の [一般] 設定を構成します(まだ設定されていない場合)。
  3. 左の列で、VPN を選択して 構成 をクリックします。
  4. VPN 接続情報を入力します。

    オプション

    説明

    接続のタイプ

    VMware Tunnel を選択します。

    接続名

    この接続の名前を入力します。たとえば、「AndroidSSO Configuration」と入力します。

    サーバ

    VMware Tunnel サーバの URL は自動的に入力されます。

    アプリケーション単位の VPN ルール

    アプリケーション単位の VPN ルール チェック ボックスを選択します。

  5. バージョンを追加 をクリックします。
  6. 保存して公開 をクリックします。

次のタスク

Android 版モバイル SSO を使用してアクセスできる Android アプリ用のアプリケーション単位の VPN を有効にします。Android アプリ用のアプリケーション単位の VPN の有効化を参照してください。

スマート グループにデバイス プロファイルを割り当てます。スマート グループは、どのプラットフォーム デバイス、およびユーザーが割り当てられたアプリケーション、ブック、遵守ポリシー、デバイス プロファイル、またはプロビジョニングを受信するかを決定するカスタマイズ可能なグループです。AirWatch デバイス プロファイルの割り当てを参照してください。