Workspace ONE Intelligence によって提供されるダッシュボードのデータにアクセスするには、サポートされているバージョンの Workspace ONE UEM を使用し、レポートを有効にして、Workspace ONE Intelligence Connector Service をインストールし、管理者ロールを設定します。

Workspace ONE UEM

ダッシュボードは Workspace ONE UEM console v1811 以降でサポートされています。

レポート

Workspace ONE Intelligence は、レポート データ ウェアハウス内のデータを使用して、Workspace ONE 環境の分析を表示します。レポートは Workspace ONE UEM console v1811 以降で使用できます。

Workspace ONE Intelligence Connector Service

:この内容は共有 SaaS 展開には適用されません。

Workspace ONE Intelligence 機能を使用する前に、Workspace ONE Intelligence Connector Service を Workspace ONE UEM 環境内の別のサーバにインストールする必要があります。

各機能は、Workspace ONE Intelligence Connector インストーラでインストールされた Workspace ONE Intelligence Connector Service を使用します。Workspace ONE Intelligence Connector Service は、Workspace ONE UEM console サーバからデータを収集し、それをレポートのクラウド サービスにプッシュします。

  • 共有 SaaS:インストールは必要ありません。この展開では、サービスをインストールせずにレポートにアクセスできます。
  • 専用 SaaS:レポートと Workspace ONE Intelligence を設定するには、サポート担当者または SAM にお問い合わせください。
  • オンプレミス:レポート インフラストラクチャとダッシュボード間の通信用に Workspace ONE Intelligence Connector をインストールする必要があります。

管理者ロール

Workspace ONE UEM console で、Intelligence ロールを持つように管理者を構成します。

  • レポートの権限を持つ既存の管理者ロールは、Intelligence ロールにアクセスできます。
  • 新しい管理者ロールの場合、管理者が設定にアクセスできるように、Intelligence の権限を含めます。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon