アプリ ダッシュボードを使用して、Workspace ONE 環境で管理され、カタログを介してアクセスされるアプリケーションのアプリケーション使用を分析します。このダッシュボードには、Workspace ONE UEM、Apteligent by VMware および Workspace ONE Access 環境からのアプリケーションのためのデータが表示されます。

採用と利用状況

アプリ ダッシュボードは、ユーザーがアプリケーションを採用しているかどうか、および使用しているかどうかを判断するのに役立ちます。採用率が低い場合には次のような原因があります。アプリケーションが不要であるアプリケーションの使用方法が難しい、またはアプリケーションにバグがある

どのような分析をするとしても、ダッシュボード上のデータを使用して、アプリケーション リソースの優先順位を決めることができます。トラブルシューティングを行うと、アプリケーションはそれをインストールして保守するために必要なリソースに見合っていないことが明らかになる可能性があります。あるいは、アプリケーションはバグ修正のために次のバージョンに更新する必要があることが明らかになります。

統合でサポートされているアプリケーション

アプリ ダッシュボードには、一覧表示されているアプリケーション タイプのデータが表示されます。

  • Workspace ONE UEM は、すべての管理対象アプリケーションをサポートします。
  • Apteligent by VMware は、SDK を含んでおり、Workspace ONE UEM を介して管理される社内アプリケーションをサポートします。
  • Workspace ONE Access は、Workspace ONE Intelligent Hub を介してアクセスされる Web アプリケーションをサポートします。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon