Workspace ONE Intelligence の Apteligent by VMware データをアプリ ダッシュボードに表示するには、Workspace ONE Intelligence SDK アプリを追加してから、その他の要件を満たす必要があります。

統合の仕組み

Workspace ONE Intelligence SDK は、Apteligent by VMware のデータを表示と分析のため Workspace ONE Intelligence に供給します。

Workspace ONE Intelligence と Apteligent by VMware データ システムを接続するには、Workspace ONE Intelligence SDK を使用して、Workspace ONE Intelligence によって作成されたアプリ ID 番号を社内アプリケーションに追加します。

要件

Workspace ONE Intelligence SDK アプリによる分析をアプリ ダッシュボードで表示し、管理する場合には、リストされた構成とコンポーネントを使用していることを確認してください。

  • Workspace ONE UEM は、Workspace ONE Intelligence SDK アプリを社内アプリとして管理する必要があります。
  • アプリ ダッシュボード用のアプリケーション データをキャプチャするには、Workspace ONE Intelligence SDK アプリを Workspace ONE UEM とともにデバイスに展開し、これらのアプリを使用する必要があります。

対応プラットフォーム

Workspace ONE Intelligence には、リストされたプラットフォームの社内アプリケーションのデータが表示されます。

  • Android
  • iOS

Apteligent by VMware について

Apteligent by VMware は、アプリケーション内の主要なユーザー フローからイベント データをキャプチャします。イベント データには、画面のロード数、ネットワーク イベント、およびインシデント レポートに関するデータが含まれます。主要なメトリックを追跡し、アプリケーションをリリースにまたがって向上させ、ユーザーに関連する問題に焦点を当てます。モバイル インフラストラクチャに関する多数のデータ ポイントを使用して、アプリケーションをベンチマーキングし、データに基づく意思決定を行います。

:Apteligent by VMware で使用可能なすべての情報をアプリ ダッシュボードで使用できるわけではありません。

Apteligent 開発者向けリソース

Workspace ONE Intelligence SDK および該当するドキュメントについては、Workspace ONE Intelligence Dev Center の「Developer Resources」のセクションを参照してください。

Workspace ONE Intelligence SDK アプリを追加する

アプリ ID を生成するには、Workspace ONE Intelligence を使用して Workspace ONE Intelligence SDK アプリを追加します。その後、アプリ ダッシュボードで、そのエンゲージメントと導入状況を確認します。

Apteligent by VMware データを Workspace ONE Cloud Admin Hub のアプリ ダッシュボードに表示するには、アプリケーションを追加し、Workspace ONE Intelligence SDK をそれらのアプリケーションにフックします。

アプリ ダッシュボード用のアプリケーション データを取得するには、アプリケーションをデバイスにインストールし、使用する必要があります。

前提条件

アプリのパッケージ ID が必要です。パッケージ ID は、アプリ ストアの URL の、識別子 (id=com.company.appname) の後の部分です。

手順

  1. Workspace ONE UEM console で該当する内部アプリケーションを管理対象としてアップロードして展開します。この操作により、Workspace ONE Intelligence でアプリケーションにアクセスできるようになります。
  2. Workspace ONE Cloud Admin Hub でアプリを追加します。
    1. アプリ ダッシュボードでアプリを追加します([ダッシュボード] > [アプリ] >[アクション] > [Intelligence SDK アプリ] > [アプリケーションを追加] > [新規アプリケーション] の順に選択)。
    2. [アプリケーションを追加] ウィンドウに値を入力します。
      • iOS:アプリ バンドル ID を入力します。
      • Android:アプリ パッケージ名を入力します。
    3. Workspace ONE Intelligence 環境にアプリがない場合、Apteligent by VMware アカウントの作成を求めるメッセージが表示されます。Apteligent by VMware アカウントがある場合、アカウントなしでは使用できないいくつかの機能が提供されます。オプトインした場合、Apteligent by VMware でアカウントを設定するための招待 E メールがシステムから送信されます。パスワードをリセットし、アカウント作成用に入力した E メールを使用してログインします。このログインは Apteligent by VMware console に対するものです。このコンソールには、Workspace ONE Intelligence 環境で追加したアプリと同じアプリがあります。: Apteligent by VMware のデータ センターは、米国内にあります。データが米国内のセンターに送信されることを望まない場合は、アカウントの作成をオプトアウトしてください。
    4. 登録を完了して、Workspace ONE Intelligence でアプリ ID を生成します。
    5. [ダッシュボード] > [アプリ] > [Intelligence SDK アプリ] の順に選択し、リスト テーブルに追加されたアプリのアプリ ID を取得します。アプリ ID は長い英数字文字列です。Workspace ONE Intelligence SDK を統合するときに、この値をアプリに追加します。
    6. SDK 統合のインストラクションが必要な場合は、そのインストラクションをコピーするか、システムから E メールで送信させます。
  3. Workspace ONE Intelligence SDK と、Workspace ONE Intelligence が生成したアプリ ID を、アプリに追加します。 Workspace ONE Intelligence SDK は、表示と分析のためのデータを Workspace ONE Intelligence にフィードします。Workspace ONE Intelligence は、アプリ ID を使用して、Apteligent by VMware のデータをアプリにマッピングします。
    1. Workspace ONE Intelligence SDK がない場合は、Workspace ONE Cloud Admin Hub から入手してください。**[ダッシュボード] > [アプリ] > [Intelligence SDK Apps] > [SDK のダウンロード]**の順に移動します。
    2. Workspace ONE Intelligence SDK およびアプリ ID をアプリに追加するためのインストラクションに従います。
  4. SDK と Workspace ONE Intelligence のアプリ ID を持つようになった内部アプリケーションを、Workspace ONE UEM console でアップロードして展開します。
  5. グローバル検索でパッケージ ID またはアプリ名を検索し、Workspace ONE Cloud Admin Hub のアプリ ダッシュボードで自分のアプリの分析を表示します。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon