自動化を使用するには、API との通信を設定し、修正に使用するサードパーティのサービスを登録し、修正アクションを実行するためのワークフローを構成します。

これらの手順をすべて実行しないと、自動化は機能しません。

前提条件

ファイアウォールの背後に Workspace ONE UEM サーバを配置するオンプレミス展開の場合は、自動化および API の機能を使用できます。ただし、これらの展開では、VMware Unified Access Gateway (UAG) を使用し、リバース プロキシとして設定する必要があります。

手順

  1. Workspace ONE UEM console で、自動化に固有の Workspace ONE UEM 管理者アカウントを作成し、API 権限を与えます。
  2. Workspace ONE UEM で API キーを生成することで、Workspace ONE Intelligence がサードパーティ サービスへの接続にキーを使用できるようになります。
    1. Workspace ONE UEM で、サードパーティのサービスに接続する組織グループを選択します。
    2. Workspace ONE UEM console で、[グループと設定] > [すべての設定] > [システム] > [高度な設定] > [API] > [REST API] に移動します。
    3. [全般] タブを構成します。
      • API アクセスを有効にします:サービスの API キーを生成することを許可します。
      • 追加:[追加] を選択して、API キーを生成します。この値を記録し、**[Workspace ONE UEM API キー]**として Intelligence 環境に入力します。
      • サービス:「自動化」など、サービスのわかりやすい名前を入力します。
      • アカウント タイプ:[管理者] を選択します。
    4. [認証] タブを構成します。
      • ベーシック:ディレクトリに登録されていない管理者の資格情報を使用する場合は、[ベーシック] 認証を選択します。
      • 証明書:適用できません。
      • ディレクトリ:ディレクトリに登録されている管理者の資格情報を使用する場合は、[ディレクトリ] 認証を選択します。
  3. Workspace ONE UEM with Intelligence を、API キーと、Workspace ONE UEM から Workspace ONE Intelligence に認証を行う際に使用する資格情報を入力して、登録します。
    1. Workspace ONE Intelligence で、**[統合] > [ワークフロー コネクタ]**の順に移動します。
    2. Workspace ONE UEMの**[セットアップ]**を選択します。
    3. [資格情報を提供] を選択して、設定します。
      • ベース URL:Workspace ONE UEM console の URL を入力し、エントリにプロトコル(https://)を含めます。この URL は、Workspace ONE UEM console のインスタンスを開いているブラウザで確認できます。多くの場合、.comで終わります。たとえば、ブラウザで console が参照されているときに、ブラウザで表示されている URL がexample.company.com/AirWatch/Loginの場合は、ベース URLとしてhttps://example.company.com/を入力します。
      • 認証タイプ:Workspace ONE UEM console で REST API 構成を設定するときに選択した認証方法を選択します。
      • ユーザー名:自動化のために作成した特定の管理者のユーザー名を入力します。
      • パスワード:管理者のパスワードを入力します。
      • Workspace ONE UEM API キー:REST API の通信を有効にしたときに Workspace ONE UEM console で生成された API キーを入力します。
  4. サードパーティのサービスを Workspace ONE Intelligence に登録します。
  5. 修正とレポート作成用のワークフローを構成します。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon