既存のエンタープライズ システムおよびサードパーティ サービスを使用して、自動化ワークフローに独自の接続とアクションを追加します。カスタム コネクタでは、通信に REST API を使用し、API 開発ツール Postman を使用して標準的な要求を作成します。

カスタム コネクタを使用した内部サービスの自動化

サービスが REST API と JSON コンテンツ タイプをサポートしている場合は、カスタム コネクタを使用した自動化でサービスを使用できます。

Postman による標準的な REST API の作成

Workspace ONE Intelligence は、Postman を使用して、システムが内部およびサードパーティ サービスを使用して接続および操作するために使用する REST API を標準化します。また、保存されたアクションを再利用できる、使い慣れた REST テンプレート インターフェイスを使用してアクションを作成できます。Postman の無償バージョンは、カスタム コネクタのコレクションを作成するのに必要な機能を備えています。

カスタム コネクタを使用する手順

  1. Postman で要求を含むコレクションを作成し、エクスポートします。
  2. Workspace ONE Cloud Admin Hub でカスタム接続を追加し、要求をインポートします。これで、これらの要求が、自動化で使用できるアクションとして使用できるようになりました。
  3. Workspace ONE Intelligence で、インポートされたアクションを含む自動化ワークフローを構成して、カスタム接続を使用しているタスクを自動化します。

カスタム コネクタのアクション

Workspace ONE Intelligence では、カスタム コネクタを編集、削除、およびテストできます。アクションは複数のコネクタで使用できます。このため、操作する前に編集または削除の結果を考慮する必要があります。

  • 削除:接続全体とそのすべてのアクションを削除するには、まず、接続を認証解除する必要があります。認証解除すると、この接続に関連付けられているアクションを使用している自動化が無効にされます。システムにより、接続が削除された後、関連付けられているすべてのアクションが他の自動化から削除されます。無効にされた自動化を再度実行するには、無効にされた自動化を編集し、再度有効にする必要があります。この操作を元に戻すことはできません。
  • 編集:接続の名前、説明、および認証タイプはいつでも編集できます。アクションの要求詳細を編集するには、Postman コレクションを編集してから、カスタム接続に再インポートします。:認証タイプを編集して資格情報を誤って入力した場合、アクションの実行に失敗することがあります。編集は慎重に行ってください。
  • テスト:Workspace ONE Intelligence のカスタムコネクタをテストし、Workspace ONE Intelligence とサービスが通信できることを確認します。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon