Lookout for Work サービスに関連するデータを入力して、Workspace ONE Intelligence が脅威のインテリジェンス データにアクセスして分析用に表示できるようにします。

Workspace ONE Intelligence に Lookout for Work を登録するには、お使いの Lookout for Work console で構成されているアプリケーション キーを入力します。

前提条件

  • Workspace ONE UEM console v1907 以降を使用します。
  • iOS または Android の場合は、Lookout for Work クライアント バージョン 5.10.0 以降を使用します。

Lookout for Work と Workspace ONE UEM を統合することで、Workspace ONE UEM が Lookout for Work アプリを管理できるようになります。この統合の詳細については、Lookout Enterprise Support サイトで「Deploying Lookout with VMware AirWatch」ガイドを参照してください。

Workspace ONE Intelligence で Lookout for Work の脅威インテリジェンス データを使用するには、これらのシステムを統合する必要があります。

統合の一環として、アプリケーション構成パラメータを orkspace ONE UEM console で Lookout for Work アプリのレコードに追加します。

  • 構成キー:アプリケーションのメタデータからこの値を取得します。
  • 値タイプ:文字列 を選択します。
  • 構成値:両方のパラメータを正確に入力します。パラメータのスペルを間違えるか、括弧を必要としないところに括弧を追加すると、パラメータは機能しません。
    • DeviceUniqueIdentifier
    • DeviceUUID}

手順

  1. Workspace ONE Intelligence console で、[統合] > [Lookout] > [セットアップ] > [開始] の順に進みます。以前に入力した資格情報にアクセスするには、[Lookout for Work の編集] を選択します。
  2. [資格情報を提供] 領域で、正常に接続するための情報を入力します。
    • ベース URL:Lookout for Work の API エンドポイントの URL を入力します。これは https://api.lookout.com です。
    • アプリケーション キー:Workspace ONE Intelligence との間の通信を設定する値を入力します。
  3. 構成を完了するには、[承認] を選択します。

次に行うこと

このサービスのデータを表示するには、マイ ダッシュボードのウィジェットを使用するか、または [セキュリティ リスク] > [脅威] にある [脅威のサマリ] モジュールのデータを表示します。自動化のワークフローを作成して、Trust Network データに対して動作させることができます。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon