Netskope インスタンスに関連するデータを入力して、Workspace ONE Intelligence がクラウド セキュリティ脅威データにアクセスして分析用に表示できるようにします。

Workspace ONE Intelligence に Netskope を登録するには、Netskope console で設定されている Netskope アプリケーション キーを入力します。

前提条件

Netskope と Workspace ONE UEM を統合して、Workspace ONE UEM が Netskope アプリを管理できるようにします。

手順

  1. Workspace ONE Cloud Admin Hub で、**[統合] > [Netskope] > [セットアップ] > [開始]**の順に移動します。以前に入力した資格情報にアクセスするには、[Netskope の編集] を選択します。
  2. [接続の権限] 領域で、Workspace ONE Intelligence がアクセスを求めるデータを表示します。
  3. [資格情報を提供] 領域で、正常に接続するための情報を入力します。
    • ベース URL:Netskope の URL を入力し、Workspace ONE Intelligence がアクセスできるようにします。この文字列は、https:// から始まります。
    • アプリケーション キー:Workspace ONE Intelligence と Netskope 間の通信を設定する値を入力します。
  4. 構成を完了するには、[承認] を選択します。

次に行うこと

このサービスのデータを表示するには、[マイ ダッシュボード] のウィジェットを使用するか、または [セキュリティ リスク] ダッシュボードの [脅威のサマリ] のデータを表示します。自動化のワークフローを作成して、Trust Network トリガに対して動作させることができます。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon