Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps を使用して、Workspace ONE Intelligence SDK に統合されたアプリに関する情報を取得します。

Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps は、コンシューマ アプリのパフォーマンスと使用に集中できる独立した製品です。Workspace ONE Intelligence SDK を統合することで、アプリケーションの利用状況、アプリケーションの障害、ネットワーク インサイト、およびユーザー フローに関するデータを分析および操作できます。Workspace ONE Intelligence SDK は、以前は Apteligent by VMware SDK と呼ばれていました。

対応プラットフォーム

Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps は、以下のプラットフォームをサポートしています。

  • Android
  • iOS
  • tvOS

Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps のワークフロー

初めて Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps で作業を開始する場合は、アプリ ID を生成して、それをコンシューマ アプリに追加できるようにする必要があります。

  1. SDK 統合アプリケーションを Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps console に登録します。登録によってアプリ ID が生成されます。Workspace ONE Intelligence SDK を統合するときに、このアプリ ID をコンシューマ アプリに追加します。
  2. アプリケーションで、Workspace ONE Intelligence SDK を統合し、アプリ ID を追加します。
  3. アプリ ダッシュボードでアプリケーションを検索して、分析を表示します。アプリのカスタム ダッシュボードを作成することもできます。

Workspace ONE Intelligence SDK でアプリケーションの分析を追跡する

SDK では、複数の分析を追跡して、アプリ ダッシュボードまたはカスタム ダッシュボードで表示および分析できます。

  • ユーザーの動作を追跡します。
  • アプリの致命的なエラーと致命的でないエラーを追跡します。
  • 処理された例外を追跡します。
  • ユーザー フローを追跡します。ユーザー フローとは、ログイン、アカウント登録、アプリ内購入、アプリ読み込み回数、成功、キャンセル、および失敗を含む、アプリ内の重要なインタラクションのことです。

コンシューマ アプリの登録

アプリ ID を生成し、利用と採用の状況をダッシュボードで追跡して管理するには、アプリケーションを Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps に追加します。

前提条件

アプリのパッケージ ID が必要です。パッケージ ID は、アプリ ストアの URL の、識別子 (id=com.company.appname) の後の部分です。

手順

  1. アプリケーションを Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps に登録します。アプリケーションを登録すると、Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps のアカウントが作成されます。また、アプリ ID も作成されます。Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps は、このアカウントとアプリ ID を使用して、アプリケーションと統合する Workspace ONE Intelligence SDK と通信します。
    1. Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps の console にアクセスします。
    2. アプリを追加するいくつかの方法から選択します。
      • [アプリの追加が必要ですか?] モジュールを使用して、[分析] ページからアプリを追加します。
      • アプリ ダッシュボードで、[ダッシュボード] > [アプリ] > [Intelligence SDK アプリ] > [すべて表示] > [アプリケーションを追加] の順に選択して、アプリケーションを追加します。
    3. [アプリを追加] ウィンドウに値を入力します。
      • アプリ名:アプリの名前を入力します。
      • プラットフォーム:アプリのプラットフォームを選択します。
      • パッケージ ID:パッケージ ID には他の名前もあります。 iOS と tvOS の場合は、アプリ バンドル ID を使用します。Android の場合は、アプリ パッケージ名を使用します。パッケージ ID は、アプリ ストアの URL の、識別子 (id=com.company.appname) の後の部分です。
    4. Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps 環境にアプリケーションがない場合は、Apteligent by VMware アカウントの作成を求めるプロンプトが表示されます。Apteligent by VMware アカウントがある場合、アカウントなしでは使用できないいくつかの機能が提供されます。オプトインした場合、Apteligent by VMware でアカウントを設定するための招待 E メールがシステムから送信されます。パスワードをリセットし、アカウント作成時に入力した E メールを使用してログインします。このログインは、Apteligent by VMware コンソールに対するものです。このコンソールには、Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps で追加したものと同じアプリが含まれています。Apteligent by VMware のデータ センターは、米国内にあります。データが米国内のセンターに送信されることを望まない場合は、アカウントの作成をオプトアウトしてください。Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps は引き続き使用できます。
    5. 登録を完了して、Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps console でアプリ ID を生成します。
    6. [ダッシュボード] > [アプリ] > [Intelligence SDK アプリ] > [すべて表示] の順に選択しリスト テーブルに登録したアプリケーションのアプリ ID を取得します。アプリ ID は長い英数字文字列です。Workspace ONE Intelligence SDK を統合するときに、この値をコンシューマ アプリに追加します。
    7. SDK 統合のインストラクションが必要な場合は、そのインストラクションをコピーするか、リスト表示でシステムから E メールで送信させます。
  2. Workspace ONE Intelligence SDK と、Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps が生成したアプリ ID を、アプリケーションに追加します。Workspace ONE Intelligence SDK は、表示と分析のためのデータを Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps にフィードします。Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps は、アプリ ID を使用してアプリケーション データをコンシューマ アプリにリンクします。
    1. Workspace ONE Intelligence SDK を持っていない場合は、[ダッシュボード] > [アプリ] > [Intelligence SDK アプリ] > [すべて表示] > [SDK のダウンロード] の順に選択して、Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps から取得します。
    2. Workspace ONE Intelligence SDK およびアプリ ID をアプリケーションに追加するためのインストラクションに従います。
  3. グローバル検索でパッケージ ID またはアプリ名を検索して、アプリ ダッシュボードでコンシューマ アプリの分析を表示します。

コンシューマ アプリのダッシュボード

アプリ ダッシュボードを使用して、アプリと統合されて Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps console となった、Workspace ONE Intelligence SDK がフィードするデータの表示、分析、対話操作を行います。

コンシューマ アプリの特定

アプリ ダッシュボードの Intelligence SDK アプリ モジュールを使用して、すべてのコンシューマ アプリのリストにアクセスできます。グローバル検索を使用してアプリ名またはパッケージ ID でアプリを検索することもできます。グローバル検索を使用するには、Workspace ONE Intelligence SDK をアプリと統合し、コンシューマ アプリに対して生成された Workspace ONE Intelligence のアプリ ID を追加します。

アプリ ダッシュボード

アプリ ダッシュボードには、Workspace ONE Intelligence SDK からフィードされたアプリ データが表示されます。ダッシュボード モジュールを使用して、ユーザーの動作、アプリの障害、例外、およびユーザー フローに関するデータを操作します。

モジュールでは、数値、割合、およびキャレット(または矢印)を使用して変更が表されます。

変更点の表示

  • 数値 - 数値は、選択した時間にわたる差分を表します。DAU(1 日あたりのアクティブ ユーザー数)モジュールの場合、数値 164 は、システムによって 164 人のアクティブ アプリ ユーザーが報告されたことを示します。
  • 割合 - 割合は、選択した時間に応じて現在と以前の差分を比較します。正または負の数で表し、キャレットと同時に使用されます。DAU モジュールの場合、-39% は、1 日あたりのアクティブなアプリ ユーザー数が 39% 減少したことを示します。
  • キャレット - キャレットは、選択した時間に応じた現在と以前の差分の比較を表します。状態に応じて上向きになったり下向きになったりし、割合と一致します。DAU モジュールの場合、下向きのキャレットは、1 日あたりのアクティブなアプリ ユーザー数が減少したことを示します。

Intelligence SDK アプリ モジュールの [すべて表示] メニュー項目を使用して、リスト表示にアクセスします。リスト表示から、1 つまたは複数のアプリに対して実行できるアクションはいくつかあります。

  • インストラクションのコピー - Workspace ONE Intelligence SDK をコンシューマ アプリと統合するためのインストラクションをコピーします。
  • インストラクションのメール送信 - Workspace ONE Intelligence SDK を統合するためのインストラクションをシステムから E メールで送信させます。
  • 削除 - Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps からアプリを削除します。複数のアプリを選択することで、アプリを一括で削除できます。重要: 現在のところ、削除したアプリを元に戻すことはできません。

マイ ダッシュボードとカスタム ダッシュボード

マイ ダッシュボード を使用して、作業中のタスクまたは問題を表示したり、作業中のタスクまたは問題に合うようにモジュールを配置します。マイ ダッシュボードから、カスタム ダッシュボードを追加することもできます。カスタム ダッシュボードを使用すると、時間の経過とともにタスクの実行、状況の分析、または問題の解決を行う作業領域を作成および保存できます。Apteligent カテゴリを使用して、SDK に統合されたアプリに関するメトリックを選択します。

  • アプリ読み込み回数
  • カスタム イベント
  • ネットワーク エラー
  • アプリケーション イベント
  • ユーザー フロー
  • iOS がクラッシュする
  • Android がクラッシュする
  • 処理済みの iOS のクラッシュ数
  • 処理済みの Android のクラッシュ数

[処理済みの iOS のクラッシュ数][処理済みの Android のクラッシュ数] は、シンボル化されたクラッシュ レポートのみを含みます。クラッシュを正常に処理するには、iOS アプリの場合にはシンボル (dSYM) ファイル、Android アプリの場合には ProGuard の mapping.txt ファイルをアップロードする必要があります。Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps では、クラッシュを適切に処理するためにこれらのファイルを使用し、シンボルを付加して、グループ分けする必要があります。

注: Android アプリケーションで ProGuard を使用しない場合は、アップロードをスキップしてください。

アプリの詳細ビュー

1 つのアプリを選択すると、さまざまなタブに情報が表示されます。

[アプリ詳細] タブ メトリックス
概要 1 日あたりのアクティブ ユーザー数 (DAU)、1 か月あたりのアクティブ ユーザー数 (MAU)、およびアプリ読み込み回数に関するメトリックが含まれます。
ユーザー フロー アプリ内のインタラクションに関するメトリックが含まれます。重要なインタラクションには、ログイン、アカウント登録、アプリ内購入、アプリ読み込み回数、成功、キャンセル、および失敗があります。
ネットワーク インサイト サービスを監視するメトリックとエンドポイント上のアプリに関する API メトリックが含まれます。ネットワーク呼び出しのエラー率、状態とエラー コード、呼び出し回数、およびデータ帯域幅に関するデータを参照してください。
エラー クラッシュを監視し、エラー率、スタック トレース、診断の詳細、ユーザーが定めた修正の優先順位、トラブルシューティングのヘルプ、問題解決のための根本原因の特定方法を表示します。
設定 iOS の場合にはシンボル (dSYM) ファイル、Android の場合には mapping.txt ファイルのアップロードに関連した設定です。iOS および Android プラットフォームの Workspace ONE Intelligence SDK をダウンロードします。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon