Workspace ONE Intelligence 自動化で Slack Web API コネクタを使用するため、Slack との統合を更新しました。この統合では、Slack の API を使用してワークフロー アクションを展開する Slack アプリケーションを作成および構成し、Slack ワークスペースに Slack アプリケーションをインストールして、Slack Web API コネクタをセットアップします。プライベート チャネルを追加し、既存のワークフローを監査して、Slack Web API コネクタを使用することもできます。

プロセスの概要

この統合により、Slack の API サイトで Slack アプリケーションを作成します。次に、Intelligence ワークフローで使用する Slack アプリケーションを構成します。このアプリケーションは、Slack の API を使用して、Workspace ONE Intelligence 自動化ワークフローで構成された送信アクションを展開します。

  • ダイレクト メッセージを送信します。
  • パブリック チャネルにメッセージを送信します。
  • プライベート チャネルにメッセージを送信します。

Workspace ONE Intelligence の 統合 セクションで Slack Web API コネクタを構成し、Slack アプリケーション を介して Slack およびその API を Workspace ONE Intelligence で接続して、統合を完了します。

Slack Web API コネクタ カードを使用して、Slack アプリケーションと Slack API を Workspace ONE Intelligence に統合します。

ワークフロー テンプレートに Slack Web API を使用する

レガシーの Slack 統合では使用がサポートされていないため、Slack Web API コネクタを使用してワークフロー テンプレートを使用します。

レガシー Slack 統合ドキュメント

  • レガシー統合は、統合トピック「Slack」セクションで確認できます。
  • Slack を使用して自動化ワークフローで アクション を引き続き処理できます。また、これらの構成に関する情報は、「Workspace ONE Intelligence の自動化」トピックの「ワークフローの構成」セクションで参照できます。
  • Slack は Webhook のサポート終了日をまだ提示していませんが、webhook は廃止され、削除される可能性があることを警告します。

Slack Web API 統合手順

Slack の API サイトおよび Workspace ONE Intelligence で作業し、Slack ワークスペースを Intelligence と統合することで、自動化ワークフローのアクションに Slack の API を使用できます。

  1. Slack の API サイトで、Slack アプリケーション を作成します。
    1. https://api.slack.com/apps に移動します。Slack アプリケーションを作成するには、Slack アカウントにログインしている必要があります。
    2. アプリケーションの作成 を選択します。
    3. スクラッチから 作成するオプションを選択します。
    4. [アプリケーション名] フィールドに名前を入力し、[アプリケーションを開発するためのワークスペースの選択] ドロップダウン メニューでスペースを選択します。
    5. アプリケーションの作成 を選択します。
  2. Slack の API サイトで、該当する Slack ワークスペースに Slack アプリケーションをインストールし、Workspace ONE Intelligence で使用します。
    1. https://api.slack.com/apps で Slack アプリケーションを選択し、[機能] > [OAuth と権限] の順に選択します。
    2. 範囲 セクションに移動し、次の ボット トークンの範囲 を追加します。
      • incoming-webhook
      • chat:write.customize
      • chat:write
      • chat:write.public(この範囲では、このアプリケーションをパブリック チャネルで使用できます)。
    3. [設定] > [基本情報] の順に移動します。
    4. Slack 用アプリケーションの構築 セクションで、アプリケーションのインストール を選択し、Workspace へのアプリケーションのインストール を選択します。
      • アプリケーションをインストールするワークスペースとチャネルを選択します。
      • Workspace ONE Intelligence 自動化ワークフローで使用する追加の個人、プライベート チャネル、およびパブリック チャネルの設定を構成できます。
    5. [機能] > [OAuth と権限] に移動し、ワークスペース用の OAuth トークン セクションに進みます。
    6. ボット ユーザー OAuth トークン をコピーして、Workspace ONE Intelligence に追加できるようにします。
  3. Workspace ONE Intelligence で Slack Web API コネクタをセットアップします。
    1. Workspace ONE Intelligence で、[統合] > [ワークフロー コネクタ] > [Slack Web API] の順に移動します。
    2. Slack Web API コネクタを表示する場合に選択します。
    3. 設定 を選択し、一覧表示されている値を入力します。
      • ベース URL:デフォルトの URL https://slack.com/api/chat.postMessage を入力します。
      • ヘッダー名認証 と入力します。
      • ヘッダー値:テキスト フィールドに Bearer xoxb が追加されていることを確認します。Bearer xoxb 文字列の後に ボット ユーザー OAuth トークン を入力します。ヘッダー値は次の例のようになります。Bearer xoxb <copied Bot User OAuth Token>

これで、Workspace ONE Intelligence 自動化ワークフローで Slack Web API コネクタを使用する準備が整いました。Slack の API サイトで入力した Slack の 範囲 に応じて、ダイレクト メッセージとメッセージをパブリック チャネルに送信します。

Slack アプリケーションをプライベート チャネルに追加する

自動化ワークフローのアクションとしてプライベート チャネルにメッセージを送信するには、目的の Slack チャネルに Slack アプリケーションを追加します。

  1. Slack を開き、プライベート Slack チャネルに移動します。
  2. Slack チャネル名の横にあるドロップダウンを選択します。
  3. [統合] > [アプリケーションの追加] の順に移動します。
  4. アプリケーションを選択し、Slack チャネルに追加します。

元の Slack(廃止)コネクタを使用している場合は、次の手順を実行します。

  • 既存のワークフローを監査し、Slack(廃止) アクションを Slack Web API アクションに置き換えます。
  • 今後のワークフローの構築時に混乱を避けるために、Slack(廃止) コネクタを切断します。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon